冬なのに下半身だけグッショリ。私ってどこかおかしいの?


寝ている間にかく、寝汗。この季節、しかも下半身にだけ大量に寝汗をかく場合、何が原因なのでしょうか?



就寝中も、汗でぬれた体が気持ち悪くて起きてしまった経験はありませんか?

実は、女性は寝汗をかきやすい体質なんです。ホルモンバランスの影響が大きいせいだと考えられています。

妊娠中や生理前になると、通常より体温が高くなるため決まって寝汗をかくという人もいるようです。

下半身だけ寝汗がひどい場合、おそらく生理が始まる準備で子宮などに熱が集中するため、部分的に汗をかきやすいのではないかと見られています。



それに、実は夏より冬のほうが寝汗をかきやすいのです。



夏であればタオルケットや薄い掛け布団で熱がこもりにくく、汗をかいても素早く蒸発します。

でも、逆に冬は毛布や厚い掛け布団に覆われ、熱が逃げにくく、汗の蒸発を邪魔してしまうため、ぐっしょりぬれて不快な目覚め方をしてしまいがちなんです。



就寝中は体が自動的に体温調節しているため、誰でもコップ1杯程度の汗は発汗しているもの。

汗がサラサラしている場合は、あまり心配することはありません。

とはいえ、体を冷やさないよう、パジャマを着替えるなどの対応が必要です。



もし、発汗量が異常に多く、ベタベタした汗の場合は要注意。

自律神経失調症の可能性があります。

最近、ストレスや疲れ、寝不足など何か思い当たることはないでしょうか?



ほかにも、肺結核や甲状腺機能障害などの病気がもとで寝汗をかく場合もあるので、寝汗以外に頭痛や倦怠(けんたい)感など体の不調が無いかどうか、よく観察してみてください。

心当たりがあるなら、一度病院できちんと検査を受けたほうが安心です。



(ビューティ&ダイエット編集部)