天丼てんや、旬のコウイカを使った天丼を期間限定で販売

写真拡大

外食チェーン店を展開するロイヤルホールディングスは、同社が運営する天丼専門店「天丼てんや」で、1月31日より早春の季節商品「コウイカと子持ち白魚の天丼」を期間限定で販売する。

同商品は、愛媛県産「コウイカ」「子持ち白魚のかき揚げ」「ほたて」「海老」に、「菜の花」を添えた早春限定メニュー。

冬から春に旬を迎える「コウイカ」は、肉厚なことと、かむほどに増す甘さに定評があり、イカの中でもとても味がいい品種の1つといわれているという。

天ぷらの具材としても相性がよく、熱を通しても固くならない。

価格は、「コウイカと子持ち白魚の天丼」(みそ汁つき)が780円、小うどんセットが930円、小そばセット980円。

そのほか、「愛媛県産コウイカ」(150円)、「子持ち白魚のかき揚げ」(200円)、「菜の花」(90円)、「海老」(190円)、「ほたて」(120円)などの単品メニューがある。

販売期間は、3月13日までを予定。

詳細は、同店公式ホームページを参照のこと。