2013年はどんな年にしたい? 漢字で表すと「幸」が1位 - マーシュ調べ

写真拡大

インターネット調査会社のマーシュは、2012年12月27日・28日の2日間、全国の10代〜60代の男女を対象に2012年の振り返りと今年の抱負についてインターネットでアンケートを実施した。

サンプル数は1,600。

まず、2012年は自身にとって良い年だったと思うか尋ねたところ、一番多い回答は「普通(37.8%)」だった。

「良い年だった」(とても良い年だった・良い年だったの計)と答えた人は38.2%。

また、男性では「普通」と答えた人が女性より多くなっており、「良い年だった」と答えたのは女性が46.3%であるのに対して男性では30.1%だった。

次に、2013年をどのような1年にしたいと思うか、漢字一文字で表してもらったところ、1位は「幸(119人)」。

2位は「楽(97人)」、3位が「進(60人)」だった。

4位から10位までは、「健(42人)」、「新(39人)」、「明(39人)」、「喜(37人)」、「笑(34人)」、「変(34人)」、「穏(31人)」となっている。

詳細な調査結果は、マーシュ公式サイトで公開している。