三重県・鳥羽水族館でフンボルトペンギンの赤ちゃんが誕生

写真拡大

1月8日と10日に、三重県鳥羽市の鳥羽水族館でフンボルトペンギンの赤ちゃんが誕生した。

同園では、今年の動物誕生は初めてとのこと。

8日に誕生した赤ちゃんは、アモーレ(オス・3歳)と小夏(こなつ メス・24歳)というペアの間に生まれた。

体長10cm程、体重106gで、翌9日には14.5g増えて120.5gになったが、15日に死亡が確認された。

10日には、金太郎(オス・18歳)と米(よね メス・7歳)が抱いていた卵からも赤ちゃんが誕生している。

どちらも巣が展示スペースの奥にあるため、現時点で見ることは難しいが、20日ほどすると巣の中から赤ちゃんが顔をのぞかせるようになるという。

現在、他にも複数ペアがおり、1月後半には続々と赤ちゃんが誕生する予定。

フンボルトペンギンは、南アメリカ南部やペル−、チリの沿岸などに生息する体長約60cm、体重約4kgのペンギン。

赤ちゃんの時は、ふわふわとした毛に覆われているが、生後、3カ月程で親鳥と同じくらいの大きさに成長し、夏には羽も生え換わるという。

同水族館では現在、今回誕生した2羽も含めて52羽飼育している。