なんと動物用!? クラレから”毛が絡みにくい”伸縮包帯発売

写真拡大

樹脂、化学品、繊維を扱うクラレの社内カンパニーで、不織布事業を展開するクラレクラフレックスは、高機能不織布「フレクスター」を使用した動物用の自着性伸縮包帯「クラシール」を1月21日に新発売する。

同製品には繊維がくっつく性能があり、粘着テープなどを使用しなくても固定することができる。

また、粘着剤を使用していないため、動物の毛が絡みつきにくく、巻き直しが可能。

さらに、ハサミなどを使わずに手でも切ることができる。

希望小売価格は、Sサイズ(25ミリメートル幅×3メートル巻)200円、Mサイズ(50ミリメートル幅×3メートル巻)250円、Lサイズ(100ミリメートル幅×3メートル巻)450円。

動物治療用包帯には粘着剤を使用したものが多いが、動物の体毛が絡みつくため巻き直しが難しい。

また、包帯の切断にハサミなどが必要であり、獣医師らは治療時の不便さ解消を求めていた。

そこで同社は、2008年人体用に開発した粘着剤不使用で自着性伸縮包帯を、動物に応用するため、動物病院で1年以上にわたる臨床試験を実施。

同製品の発売に至ったという。