東京都・池袋で、旬のかき料理が試食できる復興支援「カキフェスタ」開催

写真拡大

広島県と宮城県は19日と20日、復興支援「カキフェスタ」およびかき消費拡大店頭イベントを実施する。

同イベントは、広島県と宮城県の行政と漁業者が、かきの消費拡大キャンペーンの一環として開催するもの。

当日は、かき料理の試食や、かきレシピコンテストの入賞レシピカードの配布を行う。

19日には、魚食文化を広める「ウギャル」さんや両県のキャラクターも参加してイベントを盛り上げる。

また、集まった募金は、三陸地方のかき養殖の震災復興のために寄付をする。

復興支援「カキフェスタ」は、1月19日11時〜14時開催。

場所は、東京都・池袋西口公園広場。

震災復興の状況/復興状況のパネル展示や、かきレシピコンテストの入賞レシピカードの配布を実施。

かき料理の試食では、焼きかき3,000個、かき汁2,000食が用意される。

かき消費拡大店頭イベントは、1月20日9時〜13時開催。

場所は、イトーヨーカドー木場店(両県のキャラクターも参加)、イトーヨーカドー幕張店、ダイエー新浦安店。

当日は、かきレシピカードの配布や、ホットプレートを利用した簡単かき料理の試食を実施する。

その他、詳細は「カキフェスタ」告知ページで確認できる。