汗をかいていなくても毎日シャンプーは必要?


どうせ家から出ないし、汗もかいていないから・・・と、シャンプーをさぼっていませんか?冬こそ、髪と頭皮を大事にするべき季節なんです!





冬は汗の分泌こそ少なくなりますが、皮脂の分泌はさほど変わらないのです。



汗をかいていないからと思って2〜3日髪を洗わずにいると、頭皮がべたべたすることってありますよね。

うっかりすると脂の塊が毛穴をふさいでしまい、かゆくなってしまうことも。



実は冬こそ、髪の毛と頭皮をいたわるケアが必要なんです。



とはいえ、皮脂が分泌を続けるからといって、毎日ゴシゴシと力任せにシャンプーするのは考えもの。

冬は空気の乾燥に加え、暖房や静電気など、ひとの体から水分を奪う要因がたくさんあります。

つまり、お肌にとっても頭皮や髪の毛にとっても、冬は乾燥との戦いなのです。



乾燥しないためには、潤いが大事。

不要な汚れと余分な皮脂をきちんと洗浄しながら、潤いはしっかり残すことが重要です。



一日中ほとんど汗をかかない人の場合、シャンプーは1日〜2日おきにして、その間の日は、お湯で丁寧に地肌をもみ洗いする方法も。

お湯だけでもおよそ7割程度の皮脂は落とせます。

残りの皮脂をあえて残すことで、天然の潤いクリームとして、頭皮を乾燥から守ってくれます。



また、お湯の温度はとても重要!

熱過ぎるお湯でのシャンプーは厳禁です。顔と同様、ぬるめのお湯で洗いましょう。



頭皮同様に髪の毛も潤い第一。

髪の毛の乾燥が進めば、枝毛や切れ毛など深刻なダメージを受けてしまします。



リンスやコンディショナー、トリートメントなどを上手に利用し、さらにブラッシングの前には霧吹きで水分を補い、摩擦によるダメージから髪を保護してあげてください。

きめ細かな心配りが、あなたの髪を健やかに保ちます。



(ビューティ&ダイエット編集部)