パイオニア、離れて暮らす家族を見守るライト「まもるとあかり」発売

写真拡大

パイオニアは2月下旬、電話機アクセサリー「家族を見守るハッピーセンサー”まもるとあかり”」を発売する。

同商品は、高齢者の夫婦世帯や単身世帯が多くなってきた高齢化社会に向けて開発された、離れて住む高齢の家族を見守れる電話機アクセサリー。

無線通信技術を搭載したセンサー付きライトで、人が前を通ると内蔵の人感センサーが感知し、感知した回数をコードレス電話機(親機)に無線で送信する。

コードレス電話機(親機)は、あらかじめ設定した時刻に登録された連絡先へ感知した回数を自動で通知するため、遠く離れた場所から家族を見守ることが可能となる。

また、足元や手元を照らすライトとしても使用できるほか、同機を玄関などに設置して、人の出入りを感知した際にライトが点滅して警告音が鳴る「外出モード」も搭載している。

同商品は、同社製DECT準拠方式採用のコードレス電話機のみに増設可能となっている。

カラーはホワイト。

希望小売価格はオープン。

その他、詳細は同社商品ページで確認できる。