初上陸「ニールズ ピレアー」アニメから着想したアクセサリー発売

写真拡大

 アントワープ発の新進ブランド「NIELS PEERAER(ニールス ピレアー)」が今春、日本に初上陸する。欧州最大のファッションコンテスト「ITS#NINE(イッツ#ナイン)」でRA賞を受賞した実力派のブランドで、2013年春夏シーズンは日本のアニメやロリータからインスパイアされたというガーリーにエッジを効かせたコレクションを展開。3〜4月から「BEAMS(ビームス)」や「Cry.(クライ)」、「Sister(シスター)」などで販売を開始する予定だ。

アントワープ発「ニールズピレアー」上陸の画像を拡大

 「NIELS PEERAER」を手がけるNeils Peeraer(ニールス ピレアー)は、1989年にベルギーで生まれ現在はパリを拠点に活動する若手男性デザイナー。アントワープ王立美術アカデミー在学中には「KIZOKUSYAKAI NO DOREI, GEISHA N°58-65」をコンセプトに掲げたコレクションで「ITS#NINE」に参加。「There is no limit to cuteness(=可愛らしさに制限は無い)」という信念のもと、ナチュラルレザーを切り貼りして仕上げたアクセサリーを制作している。

 国内展開をスタートさせる2013年春夏コレクションは、ブランドの"イットバッグ"として人気のリボン付きサッチェルバッグやケーキボックスのようなデザインのスクエアバッグなど計15型が登場。全てのアイテムに、リボンのモチーフが使用されている。価格はバッグが56,700〜67,200円、アクセサリーが18,900〜75,600円。

■NIELS PEERAER
 http://www.nielspeeraer.com/