【男性編】一緒に旅すると心強い日本アニメのヒーローランキング


せっかく一緒に旅するのだから冒険したい





気が置けない男同士の旅では、いつもより少しだけ冒険したくなるもの。そんな時に心強い相手だと最強の旅になりそうです。一緒に旅するのがアニメのヒーローだったらどんな旅になるでしょうか。そこで今回は441名のマイナビ会員の男性に、一緒に旅すると心強い日本アニメのヒーローのアンケートを行いました。さて、あのアニメのヒーローは男性にとっての最高の旅仲間としてランクインされているでしょうか?





Q. 一緒に旅すると心強い日本アニメのヒーローを教えてください(複数回答)

1位 孫悟空(ドラゴンボール) 32.2%

2位 ケンシロウ(北斗の拳) 21.1%

3位 モンキー D ルフィ(ONEPIECE) 10.7%

4位 緋村剣心(るろうに剣心) 9.5%

5位 エドワード エルリック(鋼の錬金術師) 4.5%







■孫悟空(ドラゴンボール)

・「腹が減ったら仙豆。それに宇宙なども慣れているし、何より強い。地球や星を壊さない程度でお願いします」(29歳/商社・卸/技術職(研究開発、建設・建築・設備工事、その他)

・「移動費がかからないから。舞空術や瞬間移動ができるからたのもしいヒーロー」(29歳/食品・飲料/その他)

・「何といっても強い上、いろいろな経験もしているので、飽きることなく旅を満喫できそうだから。ただ大食いな点が玉にきず」(40歳/機械・精密機器/技術職)





■ケンシロウ(北斗の拳)

・「無口だけど、いざという時に頼りになるし優しい」(34歳/運輸・倉庫/その他)

・「とりあえず世紀末でも暴漢に襲われる心配はない」(25歳/その他/クリエイティブ職)

・「一番強そうなのと気を使わなくてよさそう」(45歳/アパレル・繊維/事務系専門職)





■モンキー D ルフィ(ONEPIECE)

・「サバイバルな状況になっても頼りになりそうだから」(22歳/建設・土木/技術職)

・「何が起きても前向きに考えてくれそうだから」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「仲間思いだから」(28歳/建設・土木/技術職)





■緋村剣心(るろうに剣心)

・「控えめで主張しすぎないし、強いけど争いを好まないから」(28歳/運輸・倉庫/技術職)

・「何かあっても助けてくれそうだし、歴史に詳しそうなので」(23歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「心強いだけでなく、旅も楽しめそうだから」(23歳/電機/技術職)





■エドワード エルリック(鋼の錬金術師)

・「錬金術でなんでも出来そう!チビとか小さい的な言葉は言えないけど」(24歳/運輸・倉庫/技術職)

・「頭の回転が速く、頭が良いから頼りになる」(25歳/自動車関連/営業職)

・「困っても錬金術で何とかなりそう」(24歳/機械・精密機器/その他)





■番外編:こんなアニメのヒーローも一緒に旅すると心強い!

・南波六太(宇宙兄弟)

「あのポジティブさは一緒にいて気持ちよさそう」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・うずまきナルト(NARUTO)

「忍び道具でいざというときに安心」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・サトシ(ポケットモンスター)

「一番まともで常に前向きなところがいい。旅を引っ張って行ってくれそう」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





総評

堂々の1位は圧倒的人気の「孫悟空(ドラゴンボール)」でした。「空を飛べるから」「宇宙一強いから」といった理由が目立ちました。孫悟空と一緒に旅をすれば無敵だと感じている人も。筋斗雲や舞空術で空をひとっ飛び!そんな移動に便利なところも大きなポイントになりました。





2位のケンシロウ(北斗の拳)は、日ごろは無口だけどいざという時に頼りになるから。ただ、ケンシロウの世界に旅するのは嫌だといった意見も。





3位のモンキー D ルフィ(ONEPIECE)は、仲間思いで信頼できるので、男同士で助け合って、旅先での緊急事態を乗り切れそうだと考える男性が多かったです。





4位の「緋村剣心(るろうに剣心)」は、「常に落ち着いているから」「空気を乱さないので」と大人の旅をしたい男性に人気でした。





5位の「エドワード エルリック(鋼の錬金術師)」は、困った時でも錬金術で何とかしてくれるだろうと期待している人が多かったです。

このほかに、「「旅慣れていそうだから」との理由で「サトシ(ポケットモンスター)」と「坂田銀時(銀魂)」の名前も。





アニメのヒーローとの旅は男同士だからこそ、気を遣わずワイワイ楽しめる旅がしたいようです。





(文・OFFICE-SANGA 寺本亜紀)





調査時期:2012年12月14日〜2012年12月19日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性441名

調査方法:インターネットログイン式アンケート