思わず触りたくなるおもちゃ

写真拡大

タカラトミーは、世界展開中の乳幼児向け知育玩具ブランド「Lamaze(ラマーズ)」シリーズを日本でも展開し、2013年1月26日から10商品を発売する。

同ブランドは、同社が1995年、米イエール大の専門家のアドバイスに基づいて開発。発育や月齢に合わせ、乳幼児の想像力をかきたてる様々な工夫をこらしている。

仕掛けで好奇心刺激

10商品のうち、今回発売の「布の絵本 こんにちはパンダ」は生まれたばかりの乳幼児が対象。白と黒のコントラストを使い、パンダやトラなど動物の顔を大きく描いて、視覚の発達を手助けする。この他にも、様々な音や仕掛けで好奇心を刺激する「ホタルの手ざわりいっぱい」など、生後0〜6か月向けに、見た目や手ざわりなどにこだわったおもちゃをそろえる。

価格は945〜3360円。