メリーの「チョコレートドリンク」が横浜エリアのコンビニに登場

写真拡大

洋菓子メーカーのメリーチョコレートカムパニーは、デザートドリンク「チョコレートドリンク」を、1月21日より横浜エリアのセブンイレブン店舗(約700店舗)で発売する。

内容量は180mlで、価格は189円。

同社がコールドタイプのチョコレートドリンクを、コンビニエンスストアで発売するのは今回が初めて。

本格派のチョコレートの味わいをカジュアルに楽しめるように、容器はカートカン(紙製の円柱型容器)を選択したとのこと。

パッケージには、メリーチョコレートの定番商品でおなじみの赤いタータンチェックがあしらわれている。

同商品は、チョコレートとココアパウダー、生クリーム、牛乳をあわせて作り上げられており、昨年夏よりメリーの店舗で販売を開始。

11月3日から2月24日まで、上野の国立科学博物館で開催されている「チョコレート展」でも扱われている。