東京都内6店の各国料理レストランで「佐世保・九十九島かき 世界に出合う」

写真拡大

長崎県佐世保市の佐世保観光コンベンション協会は、1月25日〜2月3日にかけて「佐世保・九十九島かき 世界に出合う 2013冬」を開催する。

九十九島かきは、国立公園に指定されている長崎県九十九島の島々から流れ込む養分で育つ。

一般に2年・3年もののかきが多い中、九十九島かきは1年もので「小ぶり」だが、その分うまみが濃厚だという。

第1回目となった2012年の同イベントでは、多くの人が各国のかき料理と「九十九島(くじゅうくしま)かき」のおいしさを体験した。

2回目の開催となる今回も昨年同様、東京都内の各国料理レストランで「九十九島かき」を使ったオリジナルメニューを提供する。

参加レストランは、クロアチアレストラン「ドブロ(東京都中央区)」、ベルギーレストラン「シェ・ミカワ(東京都港区)」」、モロッコ料理レストラン「ル マグレブ(東京都世田谷区)」、タイレストラン「カオティップ(東京都渋谷区)」、フレンチレストラン「レスパス(東京都渋谷区)」、ロシアレストラン「スメターナ(東京都国立市)」の6店舗。