東京ソラマチで、オセロ発売40周年イベント「オセロワールドカップ」開催

写真拡大

メガハウスは「オセロ」 発売40周年記念イベントとして、オセロの世界大会 「オセロワールドカップ2013」を1月23日〜27日に東京ソラマチにて開催する。

同イベントは、日本発祥のゲーム「オセロ」の世界大会。

本戦には世界20カ国より海外選手40名や小学生選手を含む61名が参加し、オセロ世界NO.1プレーヤーを決定する。

現在世界ランキング1位の日本人、高梨悠介選手の活躍も見どころのひとつ。

また、アルテュール・ジュイニィエ選手(仏、10歳)ほか、日本人小学生選手4名も登場する。

同時に「オセロ」に関連するゲーム「グランドオセロ」「8スターズオセロ」 「ミラクル5」「ミニオセロ」の大会も実施する。

さらに初の試みとなる、日本代表VS世界代表のチーム戦も行う。

また、一般来場者向けのイベントも開催する。

オセロを使った新ゲーム「オセロスピードウェーブ」は1月26日・27日に開催。

オセロの達人とオセロ対戦ができる「オセロ多面打ち」は、1月27日に行う。

いずれも参加無料。

一般来場者は大会の様子を会場ロビーにて、「USTREAM中継」で観戦できる。

会場内へも入場できるが、競技の妨げにならないよう配慮が必要とのこと。

会場は東京ソラマチ5階 スペース634。

オセロスピードウェーブは東京ソラマチ1階の東エントランススペースで開催する。