結婚してからも変わらない関係でいたい。どうすればいいの?

写真拡大

結婚相手を選ぶ基準は人それぞれ。

「一緒にいて居心地がいい」「年収が理想通り」「美人だから」という理由で相手を選ぶ人もいますが、結婚してから相手が一変してしまった・結婚相手が転職して年収が下がった・太ってしまい見る影もなくなってしまった……ということもあります。

だからこそ結婚してからも、変わらないような相手と結ばれたい。

そう思う人は多いはずです。

では、「結婚してからもお互い満足がいく」関係を続けていくには、どうすればいいのでしょうか?■お互いの将来設定や子供をどうするか、同居についても徹底的に話し合っておくべき大好きな相手と結婚して、ラブラブな生活を続けていく人もいます。

ですが、結婚していくうちに関係がすれ違っていくことはあります。

このような場合には、お互いの結婚観を、事前にすりあわせておくことが大切だと言えるでしょう。

例えば、10年後、20年後にはどうしていたいのか、貯金やマイホームに関する計画や、子作り・子育てに対してはどうするのか、義両親との同居は発生するのか、など。

もちろん、結婚後に状況が変わることもありえますが、話し合いをしないままに結婚して「こんなはずじゃなかった!」なんて思う前に、しっかりと将来について話し合っておく必要はあるでしょう。

■ルックスや年収目当ての結婚は、その魅力がなくなると持続しにくいのは当たり前また、相手の性格以外の点(ルックス、スタイル、年収や職業、将来性、家柄など)に魅力を感じて結婚した場合には、その魅力がなくなってしまった時に結婚生活が持続しにくくなる傾向にあります。

そう考えると、「それらの魅力を目的に相手を選ばないほうがいい」という単純な結論に達するでしょう。

交際した時から、あなたの性格以外の部分ばかりに興味を持つ男性には要注意です。

■結婚してから関係が変わることを前提に、どういう夫婦でありたいかを具体的にイメージするべきただし、結婚して関係が変わっていくことを恐れているようでは、結婚すること自体が難しいかもしれません。

「いつまでも新婚当初のような関係で!」という気持ちは忘れたくはありませんが、子供ができたり時間がたったりすると関係性は変わっていくものです。

新婚の時のような愛が薄れてしまっても、男女としてではなく生まれてきた子供の両親として、もしくは大切なパートナーとして信頼関係を築いていくことも可能なのです。

関係が変わることを恐れずに、いつまでも相手を思いやれる夫婦関係を作っていけるようにするべきでしょう。