J-REIT(不動産投資信託、以下、Jリート)市場が堅調だ。とはいえJリートも外国人投資家の売買比率が4〜5割に達するため、その影響を受けやすい。逆にいえば、外国人投資家の注目度の低い銘柄を選べば、彼らの投資動向に左右されずに投資できる。
 
 Jリートに詳しいアイビー総研の関大介氏はその意味では「住宅系特化型」のJリートが注目だという。関氏に安定性や収益性、成長性などに優れている銘柄の中から、外国人投資家が見過ごしている“穴場的な”銘柄をピックアップしてもらった(括弧内の数字は証券コード)。

●アドバンス・レジデンス投資法人(3269)
 住居系最大規模の銘柄。日本レジデンシャル投資法人との新設合併を2010年3月に実施。合併差益は2012年7月期末で346億円と高水準。業績予想を実績が超過した場合、増加分は増配する方針。

●大和ハウス・レジデンシャル投資法人(8984)
 破綻したニューシティ・レジデンス資法人(NCR)と2010年4月に合併。承継した繰越損失を活用し物件売却益などを内部留保。2012年2月期末時点の内部留保は194億円と高水準を維持している。

●日本賃貸住宅投資法人(8986)
 2010年7月にプロスペクト・リート投資法人を吸収合併。2011年3月期に合併差益を活用し簿価の高い都心部物件の減損処理や物件売却を実施し、ポートフォリオ利回りの改善を行なう。

●ユナイテッド・アーバン投資法人(8960)
 用途分散を行う総合型銘柄。2010年12月に日本コマーシャル投資法人(NCI)を吸収合併した。NCI物件の減収は2012年11月期に底打ちを想定。スポンサーは丸紅。

●阪急リート投資法人(8977)
 商業施設を中心とした総合型銘柄。関西圏を投資主要対象とする初の銘柄。大阪での保有物件はスポンサーの強みを生かし、中心地の梅田周辺に保有する。

●福岡リート投資法人(8968)
 商業施設中心の総合型銘柄。首都圏以外(九州地域)が投資主要対象地域の初の銘柄。九州有力企業の多くがスポンサーに参画。旗艦物件のキャナルシィ博多はポートフォリオの40%程度を占める。

【*データ提供】JAPAN-REIT.com

※マネーポスト2013年新春号