アニメミライ2013上映4作品に悠木碧、日笠陽子、喜多村英梨ら人気声優続々!

写真拡大

アニメーション制作会社4社が参加する、若手アニメーター育成プロジェクト「アニメミライ2013」のために制作された短編アニメーションが、3月2日(土)に公開されることが決定し、あわせて各作品に出演する声優が発表された。

「アニメミライ」は、2010年(当初は「PROJECT A」)よりスタートした文化庁の若手アニメーター育成プロジェクト。

日本国内のアニメ制作プロダクションから、オリジナルアニメーションを募集し、選出された4社が若手アニメーターを起用して約25分間の短編アニメーションを制作。

完成した作品は全国の映画館で上映され、これまでにProduction I.G、テレコム・アニメーションフィルム、P.A.WORKS、アセンションなどが作品を発表してきた。

第3回目を迎える今回は、アニメファンからも高い評価を得ているGONZO、トリガー、ZEXCS、マッドハウスの気鋭の4社が短編アニメーションを制作。

今回の発表では、GONZO『龍-RYO-』、トリガー『リトル ウィッチ アカデミア』、マッドハウス『デスビリヤード』の声優がそれぞれ明らかになった。

『龍-RYO-』には、昨年大ヒットした『魔法少女まどか☆マギカ』の鹿目まどか役の悠木碧をはじめ、藤原啓治、寿美菜子、森川 智之など。

『リトル ウィッチ アカデミア』には、潘めぐみ、日笠陽子、折笠富美子、村瀬迪与。

『デスビリヤード』には前野智昭、中村悠一、筈見純、瀬戸麻沙美。

『アルヴ・レズル』には福山潤、喜多村英梨、日笠陽子、成田剣と、豪華キャストが名を連ねている。

今回までに発表された各作品ごとの声優陣は以下のとおり。

なお、「アニメミライ」の広報大使を務める西川貴教も『龍-RYO-』に大久保利通役として参加し、その旨は1月17日(木)21:00よりニコニコ生放送「西川貴教のイエノミ!!」にて発表。

そのほか、アニメミライ参加作品のボイスキャストの詳細については1月18日(金)20:00より行われるニコニコ生放送「アニメミライリポーター女子会」にて明かされ、この女子会のゲストには、初年度アニメミライ参加作品であるアセンション『キズナ一撃』にて轟キズナ役を演じた安野希世乃が出演する予定。

また、「アニメミライ」のサポート企業として、日本航空が新たに加わり、2013年1月〜2月の2カ月間にわたって、国際線全便でアニメミライ2011・2012の4作品の機内上映を実施している。

この取組みは、経済産業省「平成24年度クール・ジャパン戦略推進事業(海外展開支援プロジェクト)」の一貫として、日本航空が森ビルやJTBなどと協働して実施中の訪日促進事業とのコラボで実現を果たしている。