ハウス オブ ホーランドからサングラスラインがデビュー

写真拡大

 「HOUSE OF HOLLAND(ハウス オブ ホーランド)」が、サングラスラインを2013年春夏シーズンからスタートさせた。デビューコレクションは、ブランドのシグネチャーとなるハウス(家)の形をした大振りのデザインや、キャッツアイをメッシュで表現したアイウェアなど、ブランドの世界観を落とし込んだポップでユニークなコレクションを展開。国内では、原宿の「C.C.COUNTRY(シーシーカントリー)」で取り扱いをスタートしている。

ハウスオブホーランドからサングラスラインの画像を拡大

 デザイナーHenry Holland(ヘンリー・ホーランド)が手がける「HOUSE OF HOLLAND」は、2006年にスタートしたイギリスのブランド。ウェアをはじめ、最近では「PRETTY POLLY(プリティーポリー)」とコラボレーションしたレッグウェアも人気を得ており、アニマルや国旗など様々な柄を揃えている。2月16日には、2013-14秋冬ロンドンファッションウィークで最新コレクションを披露する予定だ。

 「HOUSE OF HOLLAND」が立ち上げたサングラスライン「HOUSE OF HOLLAND EYEWEAR(ハウス オブ ホーランド アイウェア)」は、ストライプのビックフレームや上下に動く眉毛が付けられたサングラスなど計11型をラインナップ。フロント部分に「Cross my heart hope to die...」というメッセージがプリントされたインパクトのあるデザインも登場している。価格は25,200円〜27,300円。

■HOUSE OF HOLLAND
 http://shop.houseofholland.co.uk/