チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2013」伊勢丹新宿店で開幕

写真拡大

 フランス・パリで誕生した世界最大級のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ 2013」が、伊勢丹新宿店で開催される。70店以上が出店し、チョコレートの新しい魅力を発信する今年のテーマは「ルネサンス(知の再生)」。開幕前日の1月22日には、人気ショコラティエやパティシエが集うオープニングイベントの開催が予定されている。

「サロン・デュ・ショコラ 2013」開幕の画像を拡大

 2012年に10回目のアニバーサリーを迎えた「サロン・デュ・ショコラ」は、毎回多くのチョコレート好きで賑わう伊勢丹新宿店の人気イベント。今回は「ルネサンス(知の再生)」をテーマにチョコレートの"原点回帰"と"進化"を融合し、1月23日から28日までの6日間、本館6階の催物場で開催される。注目は、初上陸のショコラティエ「セバスチャン・ゴダール」や「フレデリック・アヴェッカー」をはじめ、スモークしたショコラが話題を呼びそうな「ベルナール・ロワゾー」、高級食材の白トリュフを使用した「ジャン=シャルル・ロシュー」、そしてリゾートホテル「オテル・デュ・キャップ - エデン・ロック」のユニークな"カプセルショコラ"など。複数のショコラティエの新作を詰め合わせるセレクションボックス4種類(2,415円〜6,930円)は、完売必須のアイテムだという。

 今年注目のトレンドは、板チョコ状の「タブレット」や香辛料を効かせた「エピス」、中がリキッド状の「セミリキッドショコラ」、そしてスプレッドタイプの「パータ・タルティネ」。「サロン・デュ・ショコラ 2013」では、クラシックなタイプからトレンドの新作、限定アイテムまで一同にそろう。なお、前夜に開催されるオープニングイベントには、ジャン=ポール・エヴァン氏や青木定治氏など人気ショコラティエ・パティシエ約40人が集結し、その模様はライブストリーミング配信が予定されている。

■公式サイト: http://www.salon-du-chocolat.jp/

■Ustream中継ページ: http://www.ustream.tv/channel/salon-du-chocolat