映画『レ・ミゼラブル』わずか1ヶ月で興行収入30億円突破――昨年公開映画ベスト6に急浮上

昨年12月21日に公開されたミュージカル映画『レ・ミゼラブル』が、2013年1月16日(水)付けで、動員2,481,482人/興行収入3,028,571,610円を突破したことが分かった。

【関連:生と死と愛がぎっしりで涙なしでは見られない―話題の映画『レ・ミゼラブル』】
 
昨年30億円を突破した洋画はわずか5本

・『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』53億8,000万円
・『バイオハザードV:リトリビューション』38億円
・『アベンジャーズ』36億円
・『メン・イン・ブラック3』32億円
・『アメイジング・スパイダーマン』31億6,000万円

本作は、公開から約1ヶ月経過した今もまだまだ動員が落ちることなく、今後どこまで上位に食い込んでいくかに期待がかかっている。

Yahoo!映画のレビューでは5点満点中4点台をキープしており、「心震える超大作!」「圧倒された」「感動、号泣、興奮。」「一生忘れない映画です」など1000件を超えるコメントが寄せられているほか、各映画サイトのレビューランキングや観てよかったランキングなどで1位をキープし続けている。

また、福山雅治さんがラジオで本作について語ったり、高良健吾さんや前田敦子さんがブログやツイッターなどで絶賛のコメントをアップしているなど、口コミの輪も着実に広がっている。

日本に次いでクリスマスに公開されたアメリカでもミュージカル映画史上歴代1位、1億ドル突破の大ヒットを記録しているほか、先週末に公開になったイギリスでも£8.1M(約11億円)で週末興行第1位を獲得。イギリスでのミュージカル作品の最高記録を樹立し、スマッシュヒットとなっている。

さらに本作は、先日発表になった第70回ゴールデングローブ賞で作品賞はじめ最多3部門を受賞し、第85回アカデミー賞でも7部門にノミネートされている。

まだまだ続く『レ・ミゼラブル』の感動の輪から今後も目が離せない――。

(c)Universal Pictures.

【ストーリー】
主人公のジャン・バルジャンは、パンを盗んだ罪で19年間投獄された男。仮釈放されたものの生活に行き詰まった彼は、再び盗みを働くが、その罪を見逃し赦してくれた司教の真心に触れ、身も心も生まれ変わろうと決意。マドレーヌと名前を変え、市長の地位に上り詰める。そんなバルジャンを執拗に追いかける警官のジャベール。そして、不思議な運命の糸で結ばれた薄幸 な女性ファンテーヌ。彼女から愛娘コゼットの未来を託されたバルジャンは、ジャベールの追跡をかわしてパリへ逃亡。コゼットに限りない愛を注ぎ、父親として美しい娘に育てあげる。そんな中、パリの下町で革命を志す学生たちが蜂起する事件が勃発し、誰もが激動の波に呑まれていく…。

監督:トム・フーパー 「英国王のスピーチ」でアカデミー賞監督賞受賞
製作:キャメロン・マッキントッシュ 舞台「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」「オペラ座の怪人」
作:アラン・ブーブリル&クロード=ミッシェル・シェーンベルク
出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、
サシャ・バロン・コーエン
配給:東宝東和 lesmiserables-movie.jp                   

(c)Universal Pictures.