『abさんご』(黒田夏子著、文藝春秋)

写真拡大

史上最年長、75歳9か月で芥川賞を受賞した黒田夏子さんの小説集『abさんご』が、早くも2013年1月20日、文藝春秋から刊行される。

20代当時「この作者には素質がある」と評価

評論家・蓮實重彦さんを「途方もないもの」と驚かせた受賞作「abさんご」に加え、半世紀前の「幻のデビュー作」こと短編「毬」も同時収録する。

「毬」は1963年、読売短編小説賞に投稿され、入選を果たしている。まだ20代半ばだった黒田さんを、選者の故・丹羽文雄さんは高く評価し、「この作者には素質があるようだ」とコメントしていた。ちなみに同じ年に同じ賞に投稿した人物には、のちに時代小説の大家となる故・藤沢周平さんがいたという。それから50年を経ての芥川賞受賞、まさに時代の風雪を感じさせる。価格は1260円。

直木賞受賞作、アマゾンで品切れ状態に

アマゾンでも、早くも注文が相次いでいる。1月17日午後現在、書籍ランキングでは『abさんご』が発売前ながらすでに総合2位に入る。

また「戦後最年少」の受賞が話題になった23歳・朝井リョウさんの『何者』(新潮社、1575円)も急上昇、同3位につけた。同時受賞した安部龍太郎さんの『等伯』(日本経済新聞出版社、1680円)も書籍ランキングの総合18位、歴史・時代小説チャート1位に入っている。