【女性編】旅館の部屋で一息ついて一番最初にすることランキング


旅館に到着したらとりあえずコレ!





観光もさることながら、旅館に宿泊するのも旅の醍醐味(だいごみ)のひとつ。気になることは数々あれど、到着したらまずこれでしょう! マイナビ会員の女性498人にアンケートをしてみました。女性が旅館に到着後ホッとして最初にするのはコレ!





Q.旅館の部屋で一息ついて一番最初にすることは? (複数回答)

1位 お茶を入れる 42.0%

2位 ウェルカムのお菓子の種類を確認 38.5%

3位 窓を開けて景色を確認 30.3%

4位 まずはテレビをつけて地方放送局を見る 12.8%

5位 洗面所の洗面セット確認 10.4%





■お茶を入れる

・「一息入れるとほっとするため。旅館によってはお茶請けがあるので楽しみでもあります」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「旅の疲れを癒やすにはやっぱりお茶とお部屋のお菓子です」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「だいだいそこまでの移動でぐったりしているから」(33歳/金融・証券/事務系専門職)





■ウェルカムのお菓子の種類を確認

・「お菓子が美味しければおみやげで買う」(26歳/商社・卸/営業職)

・「ウェルカムのお菓子や、お茶の種類が2種類以上で豊富だったりするとちょっと嬉しい。」(25歳/金融・証券/事務系専門職)

・「お菓子にその旅館の格があらわれると思うので」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)





■窓を開けて景色を確認

・「まずは、窓の外をみる。絶景なら最高〜♪」(35歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「景色を確認して、日常とは別世界にいると思いたい」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「景色が良ければ、部屋で過ごすのも価値が高いから」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■まずはテレビをつけて地方放送局を見る

・「いつも見ている番組と違う番組を見るのが楽しいから」(27歳/生保・損保/専門職)

・「静かなのが嫌なのでついつけてしまい、どのチャンネルを選べばいいのか迷う」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「寂しいから」(26歳/学校・教育関連/専門職)





■洗面所の洗面セット確認

・「アメニティーの種類が多いと嬉しいから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

・「トイレと洗面所は、どうなっているのか気になるから。清潔感とか」(27歳/その他/販売職・サービス系)

・「気になるから」(33歳/通信/事務系専門職)





■番外編:セキュリティーも重要

・金庫の中身を確認「セキュリティーが心配なので」(27歳/小売店/営業職)

・心はすでに温泉、入浴セットの中身確認「部屋の中ではきれいに過ごしたいので、すぐお風呂に直行です」(26歳/学校・教育関連/その他)

・とりあえず冷蔵庫を開けてみる「なんとなく開けてしまいます」(30歳/小売店/販売職・サービス系)





総評

1位は「お茶を入れる」となりました。キーワードは「疲れた、ぐったり、休憩」。男性編では少なかった疲労を表す言葉多く、さらにお茶と一緒に「お菓子」を選んだ回答者が目立ちました。お茶も2種類あるとうれしいという意見も。部屋に入った直後の「ホッ」とする瞬間に対する心遣いが旅館のリピーターを増やすキーワードかもしれません。





2位は「ウェルカムのお菓子の種類を確認」です。「お菓子にその旅館の格があらわれると思うので」など、旅館のランクをここで判断するという意見のほか、1位の「お茶」とセットでの回答が目立つ結果に。やはり「疲れを癒やす」ツールの1つとしての側面が大きいようです。さらに、お土産を購入する際の判断材料にするとの意見も多数ありました。





3位は「窓を開けて景色を確認」。部屋から見える景色は、いながらにして観光を楽しむことができる唯一の要素であるため、美しさを重要視する意見が多く寄せられています。「景色の美しさを堪能したい」「景色が良いと、それだけで部屋に満足できる」「窓から景色を見る時が感動するところだから」などの意見があり、景色は女性旅行者に旅館のバリューを感じさせるポイントであるのがわかります。





4位は「まずはテレビをつけて地方放送局を見る」。「いつも見ている番組と違う番組を見るのが楽しいから」という回答もある反面、「音が無いと寂しい」「いつもつけてしまう」などの回答が多かったのが特徴です。普段雑踏の中で生活していて、静かな場所を求めて旅行に来たものの、突然無音に近い状態になると寂しいと感じることもありますよね。





5位は「洗面所の洗面セット確認」。ちなみに男性編では8位。女性ならではのランキングと言えるでしょう。



番外は、セキュリティーを意識した意見が寄せられています。旅館は大浴場や土産売り場に行ったりと部屋を空ける場面が多いので大切なことですね。



旅行は楽しいとはいえ、不慣れな地域に行くのですから、気持ちも体も疲れるもの。そのため、まずは疲れを癒やす行動が上位を占めた結果となりました。また、男女とも部屋からの景色にその旅館の価値を見いだしていることも浮き彫りに。ちなみに最下位は「仲居さんにチップを渡す」。すでに無くなりつつある慣習の1つなのかもしれません。

(文・OFFICE-SANGA 秋田茂人)



調査時期:2012年12月14日〜2012年12月19日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性498名

調査方法:インターネットログイン式アンケート