彩り豊かだ

写真拡大

NEXCO東日本は2013年1月18日、「どら(道楽)弁当」シリーズから「三陸彩り 金華ぎん 鮭弁当」を東北自動車道・蓮田サービスエリア(上り線、埼玉県蓮田市)で発売する。価格は、880円。

大粒の「イクラ」、良質な「茎わかめ」も

「ドライブ(道)とともに、手軽に(楽)しめる」をテーマとした「どら弁当」シリーズは、旅行ジャーナリストの小林しのぶさんが監修した、その土地の新鮮な素材にこだわった弁当だ。

今回登場した弁当は「Yahoo!JAPAN」と共同開発したもので、三陸地域を中心とした東北地方の食材をふんだんに使用し、メイン食材には、寒流と暖流が交差する宮城県金華山周辺の海域で育ち、適度な身の締まりと脂のりを兼ね備えた最高級の石巻ブランド鮭「金華ぎん」を採用した。

このほか、三陸産の大粒のものを厳選した「イクラ」や、北上川の栄養で育った良質なものを使った「茎わかめのつくだ煮」、三陸産のわかめと宮城県産のひとめぼれで作った「わかめご飯」も楽しめる。