【女性編】つい使ってしまう、便利な口癖ランキング


使わずにはすまない言葉





会話を円滑にすすめていく上で、あいづちの打ち方はとても重要です。うまくすれば印象が良くなり、仕事や恋愛もスムーズに行くはず。皆さんはどんな場面でどんな言葉を活用しているのでしょうか。マイナビ会員の女性550名につい使ってしまう、便利な口癖について聞きました。





Q.つい使ってしまう、便利な口癖を教えてください(複数回答)

1位 なるほど 37.3%

2位 そうですね 35.1%

3位 確かに 22.9%

4位 すみません 20.2%

5位 へぇ〜 16.2%







■なるほど

・「これでだいたい乗り切れる」(25歳/金融・証券/専門職)

・「相手の話をちゃんと聞いているように聞こえるから」(27歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「あいづちとして、頻繁に言ってしまいます」(27歳/自動車関連/事務系専門職)





■そうですね

・「いったん同意する便利な言葉」(23歳/金融・証券 /営業職)

・「気づいたらよく言っている」(25歳/その他)

・「相手を攻撃せずに、ちょうど良いあいづちだと思うからよく使ってしまう」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)





■確かに

・「そつのない言葉です」39歳/小売店/販売職・サービス系)

・「みんなにおもしろおかしく指摘されます」(32歳/その他)

・「相手が気持ちよく話してくれる気がするので、つい使ってしまっています」(26歳/金融・証券/技術職)





■すみません

・「子どもがまねするほど」(29歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「謝る場面ですみませんとつい口にしてしまう」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「なんにもないのに謝ってしまう」(30歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)





■へぇ〜

・「感動をあらわしやすいから」(30歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)

・「うまいあいづちが浮かばないとき、取りあえず、え〜、へ〜、と言っている」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「よくわからない話をされても、ちゃんと聞いているように聞こえるから」(26歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)





■番外編:決してその場しのぎだけではありません

・とりあえず「何かを決定するときは、よく考えてからでないと結論が出せない性格なので、その場で回答を求められるとすぐとりあえずを乱用してしまう」(25歳/情報・IT/技術職)

・むしろ「逆にというと否定している感じがするので、むしろこうじゃない? っていってしまう」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・とんでもございません「ちょっとほめられたときにどう返せばいいのか迷ってしまうので、とんでもないです〜と笑顔で流してしまうことが多い」(24歳/学校・教育関連/専門職)





総評

1位は「なるほど」、2位は「そうですね」でした。どちらもよく口にする言葉のはず。まさに「なるほど」といえますね。とはいえ、会話が一方通行になってしまうので、多用するのは避けたいところです。





3位「確かに」、4位「すみません」も多くの支持を集めました。会話の中で賛同を示す言葉はやはり重要。否定ばかりでは会話がつながりませんから、支持が多いのも納得ですね。「すみません」もかなり使いやすい言葉です。こちらにミスがなくとも、感謝の意を表せるので自然と使う機会が多いはず。





5位「へえ〜」のランクインは若干、驚きがありました。ビジネスの場面ではやや使いにくい言葉なので、仲間同士で使う機会が多いのでしょうか? そのほかの意見では「恐れ入ります」という意見も比較的多かったです。いろいろと言葉を使い分けて、聞き上手と呼ばれるようになりたいですね。

(文・OFFICE-SANGA 塩田純一)





調査時期:2012年11月9日〜2012年11月18日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性550名

調査方法:インターネットログイン式アンケート