便秘でおなかが張った時に押したいツボ - その悩みをツボで解決!

写真拡大

整体師の大山奏です。

特に女性に多い悩みの便秘。

冬場は水分補給が足りなかったり運動不足になったりと、1年の中でも便秘になりやすい季節です。

便秘でおなかが張って苦しい時に使えるツボをご紹介します。

おへそから左右それぞれ指3本分、下方指3本分のところにある「太巨(たいこ・だいこ)」というツボです。

おへその横に指3本を添え、そこから指3本分下にあります。

骨盤に手を持つようにしながら、親指でゆっくり押します。

2,3分刺激すると効果が高いです。

便秘はおなかの張りの原因だけでなく、食欲不振・全身倦怠(けんたい)感・頭痛の原因にもなります。

毒素が身体の中にたまっている状態なので、放っておくのはよくありません。

便秘薬やかん腸を多用すると、腸の機能低下を招く恐れもあるので気をつけたいですね。

ツボ刺激にプラスして、おなかのマッサージも効果があります。

おへそからスタートして時計回りに“の”の字を描くようにゆっくり丁寧にマッサージしてみましょう。

便秘の原因は様々ですが、食物繊維が多い食事や適度な運動、便意を我慢しないなど、簡単なところから生活改善を試みることも大切です。