ローソンとヤフー、食材宅配サービス「スマートキッチン」--働く母親ら応援

写真拡大

ローソンとヤフーの合弁会社であるスマートキッチンは17日、インターネットを利用した定期宅配サービス「スマートキッチン」の提供を開始した。

同サービスは、パソコンやスマートフォン、タブレット端末から注文した商品を、毎週、指定の時間帯に直接自宅まで配送するというもの。

コンビニエンスストアを展開するローソンのノウハウと、ポータルサイトYahoo! JAPANのノウハウを活用し、働く母親や共働きの家庭などを応援する商品やサービスを充実させ、毎日の暮らしをサポートするとしている。

野菜や肉など下処理済みの食材をレシピに沿って調理するだけの「10分本格手料理キット」や、献立を選ぶと必要な食材の一覧を表示し、注文リストに追加できる「5分で献立」機能、毎週買うものをあらかじめ登録しておける「5分で買い物」機能などを用意する。

宅配対応地域は全国(一部配送不能地域あり)で、宅配は毎週1回(曜日・時間帯指定可能、最短前日まで注文の変更可能)。

配送料は首都圏(関東地方・山梨)が無料で、そのほかの地域が有料となる(エリアにより料金は異なる)。

当初は「おためしセット」3種類(特別価格980円)のみ販売し、2月1日に1万1,000点の商品を揃え、定期宅配サービスの受付を開始する。

その後、3月中旬には商品を大型スーパー並みの2万3,000点まで拡充する計画。

3月時点の商品内訳は、食品約8,800点(手料理キット、野菜、果物、玉子、肉、魚、乳製品、調味料、冷凍食品、米、パン、麺類、粉類、缶詰、瓶詰、乾物、菓子、乳飲料、飲料、酒、健康食品、ベビーフードなど)、非食品/日用品約1万4,200点(化粧品、キッチン用品、お弁当用品、掃除用品、洗濯用品、生活雑貨、ベビー用品など)を予定している。

料金は1カ月分まとめて支払い、購入価格200円ごとに共通ポイント「Ponta」が1ポイント付与される。

決済方法は口座振替、Yahoo! ウォレット、クレジットカード。

入会金・月会費は無料。