●恋の花咲くバレンタイン

(画像:「たまこまーけっと」公式Webサイトより)
©京都アニメーション/うさぎ山商店街

TVアニメ「たまこまーけっと」がTOKYOMXテレビその他で放送されています。

●キャスト
北白川たまこ:洲崎綾
常盤みどり:金子有希
牧野かんな:長妻樹里
鳥(デラ・モチマッヅィ):山崎たくみ
北白川あんこ:日高里菜
大路もち蔵:田丸篤志
朝霧史織:山下百合恵
北白川豆大:藤原啓治
北白川福:西村知道
大路吾平:立木文彦
大路道子:雪野五月
花瀬かおる:小野大輔
八百比邦夫:辻谷耕史
湯本長治:津久井教生
満村文子:渡辺久美子
常盤信彦:家中宏
魚谷隆:成田剣
魚谷真理:日笠陽子
清水富雄:川原慶久
白木忠直:野坂尚也
王子:下野紘
お付き:山岡ゆり

●ストーリー
とある場所にある「うさぎ山商店街」。商店街にあるもち屋の娘である北白川たまこは、商店街の人々に愛され、感謝しながら毎日幸せな日々を送っていた。 大晦日が間近に迫った年末に彼女は、言葉を話す鳥と出会う。たまこにとって、いつもより少し不思議な1年が始まる。
●いつも通りの朝
北白川たまこは餅屋の娘。いつも通り、朝目覚め実家の餅の仕込みを手伝う。どうやらこの娘は鳥(デラ・モチマッヅィ)に惚れているらしい、というのは鳥の妄想。

そんないつも通りの朝。
●ハート型の餅
北白川豆大「たまこ、一番端の奴だけ除けとけ!」
北白川たまこ「おじいちゃん!」
北白川福「へへっ!」


それはハート型の餅。このお爺さん、ちょっと御茶目!

朝の味噌汁にその餅を入れてみます。それを父に食べさせる娘、たまこ。

鳥「春になるまでは居てやろう!」

※図々しい態度ですが…。

鳥「春になると妃が探しやすくなるのでな。」

※寧ろ早く出ていけ!

先程のハート型餅。たまこは「バレンタイン餅」として売り出したいようですが…。

北白川豆大「餅は餅のままで良いんだ!」

※流石にねえ…。
●学校にて
やっぱり餅とバレンタインはいまいち合わないようです。
たまこと友人のみどりがそんな話をしていると…。寝不足気味のかんながやってきます。

牧野かんな「バレンタインにチョコで家を作ろうと思いまして…。」

しかも大きな設計図付き!やりすぎ!

※なお、常盤みどりの場合は女の子からチョコを貰う事も多かったようです。
●商店街では
北白川たまこ「あれっ、うちの商店街、バレンタインのバの字も無い!」

あまりの盛り上がらなさに猫げんなり状態のたまこ。お隣のもち蔵と相談します。

北白川たまこ「商店街を盛り上げたいんだよ!」
大路もち蔵「わかった!」
鳥「お前はもっと自分を盛り上げた方が良いな。」
大路もち蔵「うるせえ!」


そこで商店街の会合(会場、風呂屋「うさ湯」)の会合に参加する2人。バレンタインデーに合わせて何かイベントをしようという事ですが…。

北白川豆大「餅屋にバレンタインは関係無いや。」

彼女の父は乗り気ではないようです。
●ラブラブハート餅
商店街はバレンタイン一色。たまことかんなもうさぎの着ぐるみを着てCM撮影(もち蔵協力)。しかも鳥の妨害付き!

そんな中、みどりは鳥と一緒にコーヒーを飲みにレコード屋「星とピエロ」に入ります。

鳥「わかっておる。胸が苦しいのであろう。私に惚れているのであろう。」
常盤みどり「鳥に惚れるわけないじゃん!」


鳥の見当違いな話はともかく、彼女には誰かに告白出来ない苦しさがあるようです。

八百比邦夫「誰にも名前を告げられない気持ちがある。多分ある。それゆえ人は切なくなる。」

そんな中、CM撮影も無事終了したみたいです。

その夜のこと。

北白川豆大「中にチョコ入れてみた!2人で食べると気持ちが通じ合うラブラブハート餅だ!」

バレンタインデーに乗り気じゃなかった彼、遂に本気を出しました。
●CM完成!
完成したCMの試写会、フィルムがやや不具合ながらも鳥のおかげで何とか上映出来たようです。

牧野かんな「恋する商店街だ。たまちゃんは商店街に夢中だね。誰が誰に夢中でも良いんだよ。」
常盤みどり「だね!」


しかも、鳥の映像には続きがあります。

王子「デラ、今何処に居るのかな?」

※この鳥、何者なんでしょうか?

ちなみに鳥はチョコが貰えなかった「たまこまーけっと」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「たまこまーけっと」第1話「しゃべる鳥」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「たまこまーけっと」TVアニメ公式Webサイト