バレンタインの告白、勝率は? チョコに添えると喜ばれるものって?

写真拡大

イミュはこのほど、最新のバレンタイン事情から、バレンタインに男性から好まれる女性の外見についてのアンケート結果を発表した。

対象は、10〜30代の男女計1243名(男性89名、女性1154名)。

女性にチョコレートを渡す相手を聞くと、全世代では1位が「彼氏・旦那」、2位「親」、3位「友達・同僚(女性)」となった。

年代別(10代・20代・30代)に渡す相手を見ると、特徴的なのが「友チョコ」といわれる「友達・同僚(女性)」へのチョコレート。

10代でもっとも多く全体の約30%を占めており、10代女性がチョコレートを渡す相手の1位となった。

20代・30代では「彼氏・旦那」と回答する人が最も多く、バレンタインの捉え方が年代によって変わってきていることが分かったという。

女性に(バレンタインに)告白したことがあるかを質問したところ、告白を経験している人は30%にとどまった。

告白経験者の2人に1人が告白に対して「OKがもらえた」と回答していることから、バレンタインの告白成功率は意外に高いことが分かったという。

一方男性に対して「チョコレートを渡されるとき、どんなことをされるとうれしい?」という質問をしたところ、「手紙を添えて(28歳)」「手紙が入っていると感動する(23歳)」など、チョコレートと併せて手紙やメッセージをいっしょにもらいたいと答える男性が多く見られたとのこと。

男女それぞれに「チョコを渡す時どんな印象に見られたい?(チョコをもらいたい女の子の理想は?)」と質問したとこころ、結果は男女ともに「かわいく女の子らしい」が1位に。

特に10代・20代の女性では、約50%の人が「かわいく女の子らしく見られたい」と回答した。

一方男性も「かわいく女の子らしい」が1位となりましたが、その他にも「おしゃれでセンスがよい」や「おとなっぽくキレイ」「楽しく親しみやすい」などといった雰囲気の女性に好印象を抱くという結果になったという。

女性に対して「異性を意識して、一番気にかけるポイント」を聞いた質問では、1位「服装」(50%)、2位「メイク」(34%)となった。

一方男性に「チョコを渡されるときNGな外見の女性」を聞いたところ、1位「レースやフリルを多用した夢見る少女風の女性」(28%)、2位「気合いの入った盛り盛りメイク」(21%)、3位「ほぼすっぴん(ノーメイク)」(19%)となった。

2、3位を合計すると全体の40%となり、多くの男性が女性のメイクに対しても注目していることが分かったという。

「気合いの入ったメイク」と「すっぴん」では全く反対の意見だが、男性からは気合いを入れすぎて「やりすぎたメイク」も、まるですっぴんのような「ナチュラルすぎるメイク」もどちらも不評であることが分かったという。

女性に対して、メイクの中で一番こだわるポイントを聞いたところ1位「アイメイク」と回答する人が約70%と圧倒的に多い結果となった。

年代別に見てみると、年齢が上がるほどベースメイクの重視が高くなるものの、どの年代でも1位が「アイメイク」となり女性がメイクの中でもっともアイメイクに力を入れていることがわかった。