ヴィクトリアズ・シークレット(Victoria's Secret、VS)のモデル、バーバラ・パルヴィン(19歳)が、ジャスティン・ビーバーと熱愛関係にあるとして話題を集めたのは2か月前のこと。ハンガリー出身の美女バーバラが、ジャスティンと恋人セレーナ・ゴメスとの関係にヒビを入れたとウワサが出ていた。


だがバーバラは一連の報道に対し、"バカバカしい"とコメントしている。ウワサの発端は昨年11月、VSのファッションショーでバーバラとジャスティンが一緒に写った写真をセレーナがリツイートしたことだった。「"ドラマ"がどうやって始まったのかって? セレーナが写真をリツイートしたことよ」と、バーバラは先日<Celebuzz>とのインタビューで語っている。

「(一連の憶測について)話すのは、私は全然オッケーよ。だって私には(ジャスティンとの間には)何もないんだもの。こんなのがニュースになるなんて、くだらないわ」と、バーバラ。彼女いわく、ジャスティンとはショーでつるんでいただけだという。だがジャスティンとセレーナを支持するファンたちが"バーバラが2人の破局に大いにかかわっている"と考えたようだ。

バーバラはまた、ジャスティンには是非とも一度は会ってみたかったこと、そして彼も出演したVSのショーで言葉を交わし、一緒に写真を撮ったことを認めている。さらにその後、ジャスティンや複数の友達とブロードウェーのショーを一緒に見に行ったことも。だが彼女が愛しているのは、母国ハンガリーにいるボーイフレンドなのだ。

VSのショーでのジャスティンとバーバラの写真が出回った直後、ジャスティンとセレーナは"最初の"破局をする。その後何度となく復縁と破局説が流れていたが、『Us Weekly』によると大みそかの大ゲンカで完全に破局したという。

一連の報道のせいか、なんと「殺す」という脅迫まで受けたというバーバラ。彼女はあくまでも、ジャスティンとセレーナの最近の破局について「自分は何も知らない」と主張している。「そうよ(私とジャスティンは、あくまでもただの友達なの)」というバーバラ。「特別親しいわけじゃないわ。私たちはただ、一緒にショーに出ただけなの。それだけよ」

とはいうものの(!)、『ニューヨーク・ポスト』紙のシンディ・アダムスは今月初め、2人の破局にバーバラが関係していたのではないかという記事を発表している。

「『ジャスティンは今も"バーバラ"っていう女の子と(隠れて)会っている、とセレーナが思っている』ウワサがあるの」「セレーナは激怒していたそうよ」

関連映像