「ニコニコ超会議2」にドアラ参戦! 協賛にフジテレビ、後援に総務省 その他追加情報まとめ

写真拡大

ドワンゴは15日、「ニコニコ超会議2」および「ニコニコ超パーティー2」に関する記者発表会を開催し、イベント内容の追加情報を発表した。

イベントの特別ゲストとして中日ドラゴンズのマスコット「ドアラ」が登場するほか、協賛企業にフジテレビなど12社が追加、さらに経産省に続いで総務省の後援が決定。

また前回に引き続きミュージシャンの向谷実が鉄道関連の企画をプロデュース、新幹線の公開解体買い付けも行われる。

このほかにもさまざまな詳細情報が発表となったが、そもそも「ニコニコ超会議2」とはいかなるイベントなのか。

いまいちピンときていない方のために説明していこう。

「ニコニコ超会議」は、2012年4月に第1回が開催されたニコニコ動画最大のリアルイベントだ。

「ニコニコ動画を地上にだいたい再現する」というコンセプトのもと、幕張メッセの全ホールを貸しきって開催され、2日間での参加者は9万人を超えた。

その内容を一言でいえば”文化祭”である。

「ボーカロイド」や「歌ってみた」「踊ってみた」、「ゲーム実況」に「東方Project」「アイドルマスター」など、ニコニコ動画に投稿されている人気動画ジャンルに関連したブースが多数設置され、ユーザーによるパフォーマンスや作品展示などが行われた。

大勢でダンスをしている隣にアニメのイラストが描かれた”痛車”がずらりと並んだり、枝野経産相(当時)が田原総一朗らと討論するブースの近くではユーザー同士による本物の結婚式が行われたりと、通常のイベントではありえない混沌とした雰囲気がまさに「ニコニコ動画」という場を体現していたと言える。

その「ニコニコ超会議」が、今年の4月27日(土)、28日(日)に再び幕張メッセにて開催されるというわけだ。

詳細情報は伏せられていたが、先日特別協賛として任天堂、後援として経産省が発表され大きな話題となっていた。

さて、それでは今回発表になった続報を見ていこう。

まずは特別ゲストだ。

前回に引き続き「アルパカ」と「ビリー・ヘリントン」が登場するほか、中日ドラゴンズのマスコット「ドアラ」が満を持して超会議に参戦する。

いったいどんな形で登場するのか期待したい。

なお、ドアラは「ニコニコ超会議2」と併催されるライブイベント「ニコニコ超パーティー2」にもパフォーマーとして出演する。

続いてはスポンサー企業の追加情報だ。

新たに協賛企業として「株式会社フジテレビジョン」が、出展企業として「秋葉工房」「株式会社インターネット」「ODOROOM」「キャラモード(ハクバ写真産業株式会社)」「TamStar Records」「ドミノ・ピザ」「株式会社トランス」「ドリームクリエイター (テレビ東京)」「ピットクルー株式会社」「株式会社ピンクカンパニー」「1st PLACE株式会社/IA PROJECT」の計12社が加わり、また後援に総務省が加わることになった。

通常のイベントであればある程度スポンサー企業のジャンルは固定されるが、ニコニコ超会議は面白いくらいにバラバラである。

2続いては、前回も行われ好評を得た鉄道企画だ。

今回も鉄道好きミュージシャンとして知られる向谷実がプロデュースし、大阪-上野間でブルートレイン「ニコニコ超会議号」を運行する。

前回は早い時間の出発で会社員の参加が困難だったことから、今回は大阪駅の出発を19:00以降に変更。

また、途中下車して車体と一緒に記念撮影する時間も設けるという。

向谷実は、こうした無茶なお願いが通るのも前回の超会議で実績を出したからこそだと胸を張る。

さらに、JR東日本の全面協力を得て、新幹線200系とE1系の2台の公開解体買い付けショーを開催。

車両基地と幕張を中継で結び、会場で新幹線パーツの限定販売を行うという。