ホンダ、アキュラ新型「MDXプロトタイプ」と「NSXコンセプト」を世界初披露

写真拡大

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、米国ミシガン州デトロイトで開催中の2013年『北米国際自動車ショー』(プレスデー : 2013年1月14日〜15日 / 一般公開 : 1月19日〜27日)にて、アキュラ新型「MDXプロトタイプ」と、進化したアキュラ「NSXコンセプト」を世界初披露したと発表した。

MDXプロトタイプは、アキュラを象徴する次世代デザインのフロントグリルやジュエルアイLEDヘッドライトを採用し、スムーズでエレガントな造形を表現したというラグジュアリーSUV。

全高を現行モデルより1.5インチ低くしながら、同等のインテリアスペースを確保した高効率パッケージを実現している。

パワートレインは、新型の3.5L直噴SOHC i-VTEC V型6気筒エンジンを採用して高トルクと低燃費を両立し、前・後サスペンションの一新と軽量化シャシーの採用によって加速性能と快適性を備えている。

同車は、米国アラバマ州で生産し、2013年半ばに米国での発売を予定。

NSXコンセプトは、軽量なボディに次世代の直噴 VTEC V型6気筒エンジンをミッドシップレイアウトで配置し、高効率・高出力のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」とデュアル・クラッチ・トランスミッションの組み合わせを搭載したスーパースポーツモデル。

同社独創のトルク自在制御システムによって左右のトルクを独立して制御でき、クルマの旋回に必要な力を自ら生み出し、革新的なオン・ザ・レール感覚のコーナリングを可能とした。

エクステリアデザインはクリーン・モダン・シンプルのコンセプトを際立たせ、ロー&ワイドで力強くなめらかなスタイリング。

広い視認性とエキゾチックなドライビングポジションや直感的なインターフェースのコックピットを採用し、ドライバーが運転に集中できる空間を提供するという。