持っていて損をしない優秀資格とは?

写真拡大

転職や就職活動を行う際、また現職をスキルアップするために、資格の取得を考える人も多いと思います。

資格は国家資格から民間資格まで数え切れないものがあり、個々において自分が本当に必要とする資格は何かを選択する時代に入ってきました。

それでは、持っていて損をしない優秀資格とは、一体どんな資格なのでしょうか。

まず、優秀資格を考える前に根本的な考え方を整理してみましょう。

いろいろな種類の資格があるように、取得する側の人にも特徴があります。

その人により「強み」「弱み」も異なってくるはずです。

転職や就活では、この「強み」を上手くアピールすることで、自分にあった仕事先を見つけることができます。

そう考えると「自分の強みをさらに向上させることができる資格」こそが、持っていて損をしない優秀資格なのではないでしょうか。

もちろん、医師免許や弁護士といった「業務独占資格」もあれば、資格の有無に関係なく仕事ができる仕事もあります。

しかしいずれの場合も、資格を持つことにより働く本人のプラスにならなければ、何の意味もなくなってしまうのです。

仕事を持つ社会人において、やみくもに資格取得を考える前に、「何の資格をとれば自分の強みが増すのか」を良く考えてから、勉強するべき資格を選んでも良いでしょう。

とはいえ、自己の強みに関係なく使える資格を考えると、どの会社にも必ず存在する仕事と考えるのが近道です。

業種により必要となる部署は異なりますが、どの会社にも必要となるのは経営者と経理(もしくは経理担当者)でしょう。

この経営・経理に関係する資格は、簿記検定といった公的試験から、税理士、公認会計士、中小企業診断士などの国家試験まで種類も豊富であり、難易度も異なります。

現職でも役立つ資格が多いため、転職を考えずとも、さまざまな職業の人が資格に挑んでいるようです。

資格を取得することは、仕事が広がると同時に、第三者に客観的に実力を判断してもらうことで自信にもつながります。

ポイントは、「自分の強みを増してくれる資格」、「どの会社にも必要な資格」の二点。

この点に注目することで、あなたにとって最適な、優秀資格を見つけることができるのではないでしょうか。

文/青山みなみ(エフスタイル)