【男性編】まるで校則!? 会社にあったら嫌な規則ランキング
アノ「禁止条例」が会社にもあったら……





学生時代、厳しい校則に悩まされていた人は多いのではないでしょうか。坊主頭以外禁止、3回遅刻したら容赦なく退学等々、今でもいろいろありそうです。会社に入っても、このように厳しい社則に縛られたら嫌ですよね。マイナビ会員の男性450名にあったら嫌な規則についてうかがいました。





Q.まるで校則!? 会社にあったら嫌な規則を教えてください(複数回答)

1位 恋愛禁止 22.9%

2位 課外活動の義務化 20.9%

3位 寄り道禁止 20.7%

3位 プライベートでも社章着用 20.7%

5位 髪型・服装の指定 20.4%

6位 長期休暇になると宿題を出される 20.2%







■恋愛禁止

・「高校生じゃないので勘弁」(27歳/情報・IT /技術職)

・「AKBかと思う」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「会社には給料を稼ぎに来ているので、品位を落とすような行動以外は制約されたくない」(31歳/小売店/販売職・サービス系)





■課外活動の義務化

・「義務化するなら、仕事として扱ってほしいから」(31歳/情報・IT/技術職)

・「課外活動の参加・不参加は、自己の自由でしょう」(30歳/金融・証券/営業職)

・「近隣の掃除に駆り出されたことがあり、閉口した」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)





■寄り道禁止

・「勤務時間外はプライベートなので、強制されたくない」(30歳/機械・精密機器/技術職)

・「往復の楽しみがなくなってしまう」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「ズバリ。飲めないから」(31歳/運輸・倉庫/営業職)





■プライベートでも社章着用

・「断固拒否したい」(24歳/学校・教育関連/専門職)

・「プライベートまでの干渉はイヤ」(35歳/その他)

・「ちょっと会社の規則としてはありえないと思ったので選んだ」(24歳/情報・IT/技術職)





■髪型・服装の指定

・「ウチの会社に実際に規定がある」(33歳/電機/技術職)

・「髪型・服装とパフォーマンスに関連性はないというデータを見たことがある」(29歳/食品・飲料)

・「飲食関係ならば仕方がなさそうだが、普通の仕事で頭髪に規約があるのは嫌だと思う」(25歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)





■長期休暇になると宿題を出される

・「これは休んだ気がしない」(35歳/通信/技術職)

・「休みなのに、宿題はありえないですね」(50歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「休日がつぶれると、最大のストレスになる。愚かな社則」(49歳/機械・精密機器/技術職)





■番外編:学校より厳しいかも

・社訓を大きな声で言わされる「これほどみんなのやる気をそぐものはない。過去にあった。社訓3カ条を毎日大声で読まされる」(33歳/機械・精密機器/営業職)

・社歌、社則に関するテストがある「ありそうだが、恥ずかしい規則」(24歳/食品・飲料/専門職)

・あいさつの強要「あいさつが苦手なので、強要はありえないですね」(29歳/自動車関連/技術職)





総評

1位は「恋愛禁止」でした。驚くことに、この規則が実在する会社もあるようです。社内恋愛はともかく、社外恋愛はどのように見抜くのでしょうか? 2位には、「課外活動の義務化」がランクイン。プライベートに干渉するなんてたまらない、という意見が多数です。





3位「寄り道禁止」も、勤務時間外は個人の自由だという意見が最も多かったです。同率3位に、「プライベートでも社章着用」がランクイン。そもそもそんな規則あるの? という意見も複数ありました。





5位は「髪型・服装の指定」。意外にも、サービス業だけの規則ではないようですね。6位「長期休暇になると宿題を出される」は、ありそうだが嫌、という趣旨のご意見が多かったです。





番外編ではありましたが、「社訓を大きな声で言わされる」「社歌、社則に関するテストがある」も嫌がられる傾向に。総じて、仕事以外へ干渉する規則が上位に挙げられました。

(文・OFFICE-SANGA 澤井輝一)





調査時期:2012年11月9日〜2012年11月18日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性450名

調査方法:インターネットログイン式アンケート