「洗濯時間も従来機種より18分短い約35分に!(写真は、「AW‐90SVL」)

写真拡大

東芝ホームアプライアンスは、「ecoモード」で最大約20%の節電と約10%の節水ができる縦型洗濯乾燥機「ZABOON(ザブーン)」(AW‐90SVL、AW‐80SVL)の2機種を、2013年2月上旬に発売する。

20%の節電、10%の節水も実現

「ecoモード」は、洗濯物の量や布質、温度の3つのセンサー検知によって、洗濯中の条件に応じて自動で使用する水や洗剤の量、洗濯時間を最適に調整し、省エネ運転する。これにより、最大約20%の節電と、約10%の節水が可能になる。

さらに、新たに開発した大型パルセーター「ザブーンパル」の採用と、少量の水を循環させる「段違いメガシャワー」、上下の衣類の位置を替える強力な「入れ替え水流」などによって洗浄力を高めた「快速ザブーン洗浄」で洗いムラを低減し、洗濯時間も従来機種より18分短い約35分に短縮した。

また、抗菌成分を含んだ「Ag+抗菌水」の働きで、衣類の雑菌の繁殖を抑え、部屋干しのニオイも防ぎ、かつ洗濯中に洗濯槽と水槽を除菌して黒カビの発生を抑えるほか、「Ag+抗菌水」による自動おそうじ機能で、洗濯槽と水槽の見えない部分の洗剤カスなどの汚れを洗い流す。

運転音、振動を気にせず洗濯できる、独自の「S‐DDモーター」による低騒音運転。

オープン価格。