東京都国立劇場などで、舞台芸術の祭典「都民芸術フェスティバル」開催中

写真拡大

東京都と東京都歴史文化財団は1月8日〜3月26日にかけて、「2013都民芸術フェスティバル」を開催している。

同イベントは昭和43年度からスタートし、今年で44回目を迎える舞台芸術の祭典。

2012年9月にリニューアルオープンした池袋の「東京芸術劇場」をはじめ、半蔵門の「国立劇場」、下北沢の「ザ・スズナリ」など、都内全域の劇場やホールを舞台に、東京に活動拠点を置く芸術文化団体がえりすぐりの作品を上演する。

上演するジャンルは、オーケストラ・室内楽・オペラ・邦楽といった音楽から、バレエ・現代舞踊・日本舞踊などの舞踊、能楽、寄席芸能、民族芸能、現代演劇までと幅広い。

多くの人が様々な舞台芸術に触れられるよう、入場料金もリーズナブルに設定している。

公演日程、公演一覧など、詳細は都民芸術フェスティバル公式サイトで案内している。