「妻のチョコ 薄さ軽さは スマホ並み」-バレンタイン今どき川柳

写真拡大

洋菓子メーカーのメリーチョコレートカムパニーは、「バレンタイン今どき川柳募集」の第16回入選作を発表。

25,000通余の応募作の中から、100句が「第16回バレンタイン今どき川柳傑作選」に選ばれている。

応募には、「わが家でも トップ交代 チョコの数」、「勇気出し 前へ踏み出す 維新チョコ」、「その内に 待てど暮らせど 来ないチョコ」、「有望な 第三極にも 渡すチョコ」といった昨年の政治状況をはじめ、「4年ぶり オリンピックと 妻のチョコ」といったオリンピック関連、「妻のチョコ 薄さ軽さは スマホ並み」など昨年の話題が盛り込まれたバレンタイン川柳が寄せられた。

そのほか、お笑い芸人スギちゃんが受賞した2012年流行語大賞の「ワイルドだろぉ」に絡めた「ワイルドが チョコをもらって マイルドに」や、ロンドン五輪代表・松田丈志選手の「手ぶらで帰らせるわけにはいかない」という言葉に絡めた「手ぶらでは とても帰れず 自分買い」など、流行語、時事用語を盛り込んだ作品が入選作に選ばれている。

「第16回バレンタイン今どき川柳傑作選」に選ばれた100句は、ホームページにて発表。

また、入選作はリーフレットに収載され、バレンタイン期間中、全国百貨店の同社ショップで配布するとのこと(在庫がなくなり次第終了)。

詳細は、同社公式ホームページで見ることができる。