スズキ会長兼社長 鈴木 修 1930年生まれ。 中央大学法学部卒。中央相互銀行を経て、58年鈴木自動車工業入社。67年常務、73年専務を経て、78年社長。2000年会長就任。08年から社長兼務。

写真拡大

■生き方・働き方

「自分で考えることだね」

経営判断で一番大切にしていることは、と問われて。「限られた時間で情報を入手し、自分で考えて自分で判断するしかないんだ。責任はすべて自分で負う」。

「タイ進出の遅れは、私の失敗ランクでは10位。これからもっと大きな失敗をするかもしれない」

最大の失敗はと聞かれて。代表的な失敗にはスペインからの撤退がある。さらには、現在は“離婚係争中”の独フォルクスワーゲンとの資本提携も失敗し、北米の自動車販売事業からも撤退した。中国も思ったほど伸びていない。

「いろいろな失敗をしたから、例えばインドは成功したのだろう。その分集中できたから」と振り返る。そしてしみじみと語る。「思うようにいくってことは、何もないねぇ。まぁ、それが人生と言えば、そうでしょうけどね」。

「僕のユーモアは瞬間的に生まれる。持って生まれたセンスかな」

鈴木修はどんなときもユーモアを忘れない。GMとの提携会見で「スズキはGMに呑み込まれるのでは」の質問に、「呑み込まれないように飛んでいけばいいんだ」と閃き、「GMは鯨、スズキは蚊」と答えたという。今回の同行取材も本音で話してくれて面白いのだが、書けない内容も多い。(※鈴木修会長のタイ出張同行記:http://president.jp/articles/-/8246)

■人材論

「吉田沙保里はいい。獲物を捕ろうとする目つきが、素晴らしい。吉田のような闘志を、日本の若者は持ってほしい」

国民栄誉賞を受賞したレスリングの吉田選手は、鈴木修のお気に入り。「あのファイトがないと、世界では戦えない」と評価する。

「ツキのない奴は、ダメだ。麻雀と一緒。追いかければ追いかけるほど、ツキは逃げていくのだが」

「グローバル化のなかでは、明るい性格の奴が求められる。明るくアッケラカンとしてる人が、海外で活躍でき、やがてはツキも生む。理屈ばかりで暗い性格はダメ」

鈴木修はよく、「ツキ」や「運」について話す。インドでの成功は「人に恵まれたから。向こうも俺に魅力を感じていた。巡り合えたのは運だった」とも。また人を見るときは理屈よりも性格や意欲など人間的な部分を重視する。

「日本の工場からタイに呼んだ170人のワーカーは指導者だけではなく、若手も含まれている。若手にはタイの人たちと一緒に働いてもらう。アジアを中心に言葉の通じない外国人と一緒に働く機会は、これからも増えていく」

「タイで働く日本人ワーカーの賃金は、タイで生活する実勢に合わせ減らしている。でなければ、タイ工場の競争力が保てない」

総選挙後の思惑から円安に振れてはいるものの、大きな流れでは超円高が定着してしまった。自動車産業でも、日本人が普通に海外で働く環境を迎えている。「賃金だけ高くて働こうとしない日本人が増えれば、日本での生産をやめることも考えられる。まぁ、基本的にはないが」。

「ハート・ツー・ハートは、ますます大切になる」

ハート・ツー・ハートは1983年のインドプロジェクトに際し、インドの会見で発したのが最初。「人間はみな同じ。言語や風俗、習慣、環境が違っても心と心が通じ合うことが重要」と。いま風に表現すればダイバーシティに当たる。この言葉が生まれる前から、鈴木修はその考え方を有していた。

「日本の中で一番優秀なのは官僚だ。彼らの頭脳を使い、例えば3つの答えを用意させる。その中から、政治家は1つを選べばいい。選んで実行するのが政治だ。なのに、政治家は自分たちで3つの答えを出そうとしているから、間違っとる。優秀な人材を使えていない」

また、「本を読んで勉強するのは東大生には敵わない」と認めたうえで「スズキには高卒で入社し40歳で課長になっている奴もいれば、大卒でも課長になっていないのもいる。学歴がすべてじゃない。経営では『勘ピュータ』がモノを言う」と断言する。

「いまの若い男は恵まれすぎていて、母親を女中のようにこき使っている。だから、1人暮らしをさせたほうがいい」

スズキで働く副代理店の跡取り息子を、九州出身者なら敢えて東北に単身赴任させる。実家に帰れないようにするためだ。すると、彼女をつくるが、相手がスズキの女子社員だったりする。やがて彼女はフィアンセとなり、九州に連れて帰る。このとき「2.5人になって帰ることが、よくある。フィアンセのお腹には、赤ちゃんがいるんだ。跡取りまでできて、幸せなこと」。

■お金感覚

「みなさんが子供を2人にするというのは、賢明な選択」

「産業空洞化は現実に進んでいるため、日本では子供が3人いたら食べていけなくなる」と指摘。

「金は生きているうちに、使うものだ。バーに行ってパァーッと使うのが一番だろう。パァーッとな。テーブルにポンと金を積めば、みんなが使ってくれる。使い道を指示するほど、俺はうるさくはない」

相続税を取られたり、高額の戒名で坊主を儲けさせるくらいなら財産を使ってしまおうと企んでいる。なお、鈴木修は80歳で酒をやめている。

「財産は3000万円だけ残しておく」

体が動かなくなった場合、「女房や子供たちの世話にはならない」と決めている。それなりの有料老人ホームは月50万円かかる。年金や保険で月30万円入るため、月20万円あれば入れる計算だ。年間で240万円。10年なら2400万円。少し余裕を見て3000万円と弾いている。

■健康

「『おい、鈴木君、若いねえ』と日野原先生に言われるよ」

人間ドックはいつも聖路加国際病院。日野原重明理事長が看てくれ、最後に「人間は120歳まで生きられる。だけど鈴木君、君はお腹をへこまさないと120歳は無理だ。じゃあお元気で」と去っていく。お腹がへこまないのは「食べるから」。訪問先では食事を出されるうえ、「女房がつくるケーキも、食わねばならんだろう」。「飛騨の山奥で育ったので、何を食べても腹をこわさない」と言うが、食べることが好きなのだろう。

「(ドライバーは)200ヤードは飛ばす。当たればだけど」

健康法は週一のゴルフ。年齢を度外視しても、けっこうな飛距離だ。ドライバーは秀逸な一方、アプローチに難ありの説も。

■死に方

「僕は自分の体にメスを入れるのを禁じている。肉体を傷つけることを禁じているんだ」

鈴木修は胃瘻ろうをはじめ、その他もろもろの延命処置を拒否している。

「PPK(ピンピンコロリ)が、今後の夢だ」

元気に長生きし、病まずにコロリと死のう、という意味。

「後期高齢者の税金はいくらでも払うから、自分はもうPPK。それだけだよ」。この発言に対し、筆者が「本人はPPKでいいでしょうが、会社はどうなるのですか」と水を向けると、鈴木修は「いやいや、そんなのは何とかなるよ。ケェ、セラ、セラだ」と笑う。

するとスズキ関係者から「いま死なれたら困ります」という声が上がった。鈴木修は、これに答えて一言。「そのときには、戻ってくるわ」。

やはりユーモアが絶えない。もう1つ、最後におまけを。

「ヘンなことは、もう書くなよ。『プレジデント』に」と笑いながら言われたが、その眼は笑ってはいなかった。大丈夫だろうか……。

(ジャーナリスト 永井 隆=文・撮影 ロイター/AFLO=写真)