JCWシリーズ初の4ドア・4WDモデル

写真拡大

ビー・エム・ダブリュー(BMW)は2013年1月15日、SUVの4ドアモデル「ミニ クロスオーバー」に「ミニ ジョン・クーパー・ワークス クロスオーバー」を追加し、発売した。メーカー希望小売価格は、6速マニュアルトランスミッション車が447万円、6速オートマチックトランスミッション車が460万円。

専用「エアロキット」標準装備

「ジョン・クーパー・ワークス」シリーズとして初となる4ドア・4輪駆動モデルだ。

エンジンには1.6リッター直噴直列4気筒ターボチャージャーを搭載するほか、環境対応技術である「バルブトロニック」「ブレーキ回生システム」「エンジン・オートマチック・スタート/ストップ機能(MT車のみ)」などの低燃費化技術を取り入れた。最高出力は160キロワット(218馬力)/6100rpm、最大トルクは280ニュートンメートルだが、オーバーブースト機能により最大300ニュートンメートルまで高められる。

エクステリアでは専用のエアロキットを標準装備し、インテリアではメーターパネルにアンソラサイトを、ステアリングカバーとギアシフトカバーのステッチに赤を採用する。