優待新設54社完全調査 !!!  Vol.2
リッチな気分を味わえるのが食べ物系の優待。地元の特産品が送られてきたり、株主限定の特別な品が送られてきたり…。株主が飽きないよう、優待内容を毎年変える企業もある。


食べ物系

ジャパンフーズ(東証1部・2599)
2012年3月より実施。3月末に1単元100株以上保有の株主に、自社製品詰め合わせを。2012年分は「千葉のおいしいお茶500ml×24本」「房総のおいしい水500ml×24本」「サイダー バラエティーセット190ml×30本」「愛犬のためのプレミアム・ミルク120g×10袋」のいずれか。6月下旬発送予定。



◯個人の視点 m-tipsさん
選べる詰め合わせがユニーク! 総会も注目
各種飲料系の受託製造および販売を行なっている会社。優待は選べる自社製品の詰め合わせで、ちょっとユニークです。株主総会も周辺施設を解放して1日遊べるそうですので、次回は権利を取りたいです。

◯プロの視点 植草まさしさん
業績は順調に伸長中消費税増税もプラスに
業績は順調に伸長中だ。定番の自社製品による優待は堅実経営の表れと解釈したい。消費税アップで缶コーヒーなど飲料類もやや便乗気味に値上げできれば、売上高利益率は半ば自動的に拡大する。

ニフコ(東証1部・7988)
2012年3月末より実施。3月末に1000株以上保有(単元株は100株)の株主に、東北地方の産品1点。2012年度は岩手県産フルーツジュースの詰め合わせ。5月下旬発送予定。



△個人の視点 m-tipsさん
優待は1000株から。資金的には厳しいかも?
プラスチックファスナーの大手です。優待は東北復興支援も兼ねた東北地方の産物。売買単位は100株ですが、優待は1000株とハードルが高め。東北支援をしたくても、コレはちょっと難しいかも。

◯プロの視点 植草まさしさん
海外販売好調に沸く。増益なら正直に増配
海外販売の好調に沸いている。重厚長大型の製造業は自己資本比率が低いケースが多いものの、この会社は6割近くあり、財務体質の強さは業界平均以上。利益が増えたらちゃんと増配する企業でもある。

常陽銀行(東証1部・8333)
2012年9月末より実施。初回の2012年9月末以降は3月末のみ1単元1000株以上保有の株主に、地元特産品カタログ。1000株以上5000株未満2500円相当。5000株以上1万株未満4000円相当。1万株以上6000円相当。



◯個人の視点 m-tipsさん
地域特産品のカタログ!支援の意味も込めて…
茨城県が地盤の地方銀行。銀行の優待は金利優遇が多い中、地元応援も兼ねた地域特産物の選べるカタログです。震災の影響もまだまだ残る地域ですので、支援の気持ちとともに優待を狙ってみるのもいいかも。

◯プロの視点 植草まさしさん
優待は好み分かれそう。高値つかみに注意!
地銀大手。優待は地域特産品のカタログなので、好みが分かれそうだ。超低金利の長期化を織り込んで株価が上昇した後なので、優待狙いで買う際には要注意だ。配当分くらいは半日の値動きで消えかねないため慎重に。

山陰合同銀行(東証1部・8381)
2012年9月末より実施。2013年からは3月末に1単元1000株以上保有の株主に、鳥取・島根両県特産品カタログから特産品1点。1000株以上5000株未満5000円分。5000株以上1万円分。



◯個人の視点 m-tipsさん
5000円相当のカタログが豪華! 1000株から
こちらは島根・鳥取県が地盤の地方銀行。こちらの優待も地域特産品のカタログから選べる優待。1000株からですので少し投資金額はかかりますが、5000円相当のカタログはさすがに豪華です。

◯プロの視点 植草まさしさん
地元で圧倒的な競争力を持っている
地元ではメガバンクの存在感が薄く、圧倒的な競争力を持っている。山陰を拠点に営業エリアを山陽・兵庫に拡大している。広域地銀化を加速する可能性もありそうだ。