エキナカ初のラグジュアリーコスメ編集ショップ 品川に出店

写真拡大

 エキナカ初のビューティーセレクトショップ「阪急フルーツ ギャザリング」が、2月6日に「エキュート品川」に出店する。「CHANEL(シャネル)」や「RMK(アールエムケイ)」といった百貨店グレードのラグジュアリーコスメから、バスコスメ、雑貨まで幅広く販売。エキナカ商業空間「エキュート」を手がけるJR東日本ステーションリテイリングが阪急阪神百貨店とタッグを組みスタートする新業態で、トラフィックチャネルを強みに続々と登場するコスメ編集ショップの運営に参入する。

駅ナカ初のラグジュアリーコスメ編集ショップの画像を拡大

 「阪急フルーツ ギャザリング」は、「My Expression Style」をMDコンセプトに「魅力的な自分」や「新しい自分」の発見をサポートする"コト"提案型のビューティーセレクトショップ。 「阪急フルーツ ギャザリング エキュート品川店」は「エキュート品川」の2階「コンフォートクラブゾーン」のリニューアルに伴い、店舗面積約200平方メートルでオープン。取り扱いブランドは「shu uemura(シュウ ウエムラ)」や「NARS(ナーズ)」「BOBBI BROWN(ボビイ ブラウン)」、「JILLSTUART(ジルスチュアート)」など20ブランド以上を予定しており、売場の中央にはコスメと雑貨のスタイリング提案やメイクアップ方法をカウンセリングする体験型のサービスゾーンも設ける。

 百貨店グレードを打ち出す「阪急フルーツ ギャザリング」のように、近年ラグジュアリーコスメを集めた編集ショップの提案が相次いでいる。三越伊勢丹ホールディングスは、昨年3月に国内外のラグジュアリーコスメを編集した「ISETAN MiRROR Make&Cosmetics(イセタン ミラー メイク & コスメティクス)」を「ルミネ新宿2」に初出店。今年1月26日には3号店を「セレオ八王子」に開く他、3月に「ルミネ北千住店」と「ルミネ横浜店」、4月に「吉祥寺パルコ」にも進出するなど、今後数年間で全国の駅ビル・「伊勢丹」外部の商業施設に20〜30店舗を目処に多店舗展開を予定しているという。また、東武百貨店は昨年9月に約30ブランドを集めた「コスメティックパレット」を池袋店にオープン。同月、高島屋も子会社ファッションプラザ・サンローゼを通じて「アトレ川崎」に「ミリオン・ドアーズ タカシマヤ コスメティックス」を開き、翌月には住友商事傘下の住商ドラッグストアーズが「ラゾーナ川崎プラザ」に「INCLOVER(インクローバー)」を出店している。

■阪急フルーツ ギャザリング エキュート品川店
 営業時間:月〜土 10:00〜22:00
      日・祝 10:00〜20:30
 ※オープン当日は 11:30〜。
 http://www.ecute.jp/shinagawa/