ジュンがウエディング提案ショップ初出店、新業態が続々登場

写真拡大

 「Adam et Rope'(アダム エ ロペ)」や「Rope' Picnic(ロペピクニック)」を展開するジュンから、ウエディングに特化したセレクト業態「THE SURREY(ザ・サリィ)」がスタートする。5月中旬に南青山にオープン予定の1号店は、"ウエディングアイテムが一度に選べるショップ"としてドレスから雑貨までを幅広く展開。またジュンは、"ブック・クラッチ"が人気のブランド「Olympia Le-Tan(オランピア・ル・タン)」と協業ブランドを立ち上げるなど、複数の新たな取り組みを計画している。

ジュンから新業態が続々との画像を拡大

 「THE SURREY」は、自分らしいウエディングを希望する30代の大人の花嫁に向けて、「解放 -Free Your Mind-」をテーマにルールや伝統に捉われない新しいかたちのウエディングを提案する新業態。晩婚化や市場価格の縮小でウエディングに対する考え方や費用のかけ方が変化しつつあることから、新業態の立ち上げに至ったという。2フロア45坪の1号店では、披露宴や2次会を彩るドレスからデコレーショングッズ、ギフトなどの雑貨まで取り扱い、一つの店舗で花嫁に必要なアイテムが全て揃うように工夫。事前予約を不要にし、多忙な花嫁も利用しやすい環境を提供する。販売専用のウエディングドレスはオリジナルが7万円〜17万円、インポートが15万円〜30万円で、パンツスーツやセパレートアイテムも展開が予定されている。

 また「Olympia Le-Tan」とコラボレーションする新ブランドは、キャンバス地のバッグなどカジュアルなグッズをそろえ、比較的リーズナブルな価格帯を予定。秋から「Adam et Rope'」の店舗内にショップインショップ形式の売場を設け、その後はフラッグショップの出店も予定しているという。

 ジュンは昨年から、オープン1週間で1万人以上が来店した「MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)」や4月上旬に神戸に国内2号店をオープン予定の「SATURDAYS SURF NYC(サタデーズ サーフ ニューヨーク)」を新たに展開しており、25年続いたウィメンズブランド「Jayro(ジャイロ)」と「JAYRO white(ジャイロホワイト)」を休止する一方で新業態が好調。来月には「MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)」の国内初となる路面店を青山に出店し、秋には「Adam et Rope'」から生活・食がテーマの新業態が登場するなど、新規事業を積極的に打ち出している。OLYMPIA LE-TAN

■THE SURREY ※2013年5月中旬オープン予定
 場所:東京都港区南青山3−14−25
 売場構成:1階 ウエディングステーショナリー、ギフト、デコレーショングッズ等
      2階 ウエディングドレス、アクセサリー、シューズ等