六本木ヒルズが5年振りに大幅リニューアル 日本初出店ブランドも

写真拡大

 森ビルが、六本木ヒルズ商業施設部分の大幅改装に乗り出す。4月25日の10周年に向け3月から順次、2階メインフロアを中心に約40店舗の新規出店・リニューアルを実施。従来通り感度の高い顧客をターゲットにしながらも、日本初出店ブランドや新業態ショップの誘致、小坂竜氏をデザイナーに迎えての内装変更などを通じて新規顧客の取り込みを狙う。

六本木ヒルズ大幅改装の画像を拡大

 5年ぶりとなる今回の改装は、「よりアッパーなリアルクローズブランドを」という利用者のニーズに応えるため30を超える新規ショップが出店。ラグジュアリーブランドやセレクトショップなどで構成される2階メインフロアには、「Alexander McQueen(アレキサンダー・マックイーン)」のアクセサリー主体ショップをはじめ、「Issa London (イッサ ロンドン)」や「STELLA McCARTNEY(ステラ マッカートニー)」などが登場する。また、ヤングキャリア層がターゲットのウェストウォーク3階には「Jewel Changes(ジュエルチェンジズ)」や「PLST(プラステ)」が現在の2階から移転し、けやき坂通りエリアにはLA初セレクトショップ「Planet Blue(プラネット・ブルー)」の日本1号店や「BURBERRY(バーバリー)」がオープン。ファミリー層向けのヒルサイド地下2階や「LEGO®」の新業態が出店予定のウェストウォーク4階、フードゾーンのノースタワー地下1階なども改装が予定されている。

 オープンエリアの一部は一新する計画で、総合インフォメーションカウンターは規模を拡大しウェストウォーク北側に移設。3階トイレには東利恵氏監修によるメイクアップスペースやフィッティングルームを整備。投資額は公表していないが、「環境も含めて改装するため、相応の金額になる」と森ビルの広報担当者は話し、「ピークだった2006年と同水準まで売上を引き上げる」ことを目標にしているという。今後は夏から秋にかけてもリニューアルを予定している。

■六本木ヒルズ
 http://www.roppongihills.com/