レシートを撮影して家計簿に自動入力

写真拡大

新年がスタートして、「今年こそは節約」「目指すは○万円」と目標を立てる人は多い。そこで家計簿をつけ始めたものの、次第に最初の熱意はしぼんでいき、結局記録をやめてしまう場合も……

そんな失敗をしないよう節約を応援するため、NTTメディアサプライ(大阪市)は家計簿サービス「ココマネ」を使った「ココマネ『レコーディング家計簿』スタートキャンペーン」を実施する。

Fプランナー花輪陽子さん「まず自分の支出を知ること」

「ココマネ」は利用者23万人のクラウド家計簿サービス。パソコンから利用できるほか、スマートフォンの専用アプリも提供している。アプリでは、レシートを撮影するだけで自動入力できる機能があり、店名や商品名、金額などの手入力が不要だ。

ファイナンシャルプランナーの花輪陽子さんによると、「節約するには、まず自分の支出を知ること」が重要だ。

同社が提案する「レコーディング家計簿」は、記録し続けることで体重への意識を高めるダイエット法に近い原理。家計簿をつけ続けることで自然に節約できるようにするというわけだ。

「無駄な食料を買わないということは、無駄なものも食べなくなりますよね。また、食料にかかわらず、本当に自分が必要なものが何かを常に考えるようになるので、"ものごとの本質"を見る目も養われます」(花輪さん)

キャンペーンでは、「ココマネ」に2013年1月15日〜31日の間に新規登録すると、レシートホルダーや、花輪さんの著書『もう100万円が貯まる本』などが計100人に当たる。サービス利用料はパソコン版が無料、スマホ用アプリは月額315円。