メジャーリーグ認可メーカーから日本人向けウエア発売 - マジェスティック

写真拡大

マジェスティックの日本法人、マジェスティック・ジャパンはこのほど、総合スポーツ専門店スーパースポーツゼビオと共に「マジェスティック・チームウェア」を発売した。

マジェスティックは、北米「Major League Baseball(MLB)」全30球団の公式ユニフォームの製造を認可されている唯一のメーカー。

マジェスティック・チームウェアは、MLBにおけるユニフォーム製作で培われたマジェスティックのテクノロジーを用いて、日本のベースボールプレイヤー向けに新たに開発したウェア・コレクションとなっている。

今回は第1弾として、日本企画「Japan Limited Collection」のロングスリーヴ・Tシャツ、ハーフジップ・ジャケット、米国企画のパーカーやジャケットなどのインポートアイテムを含め、全14品番をラインナップした。

「Japan Limited Collection」は、「Half Zip Gamer Jacket(ハーフジップ・ゲーマージャケット)」(7,980円)と「Long Sleeve T-Shirt(ロングスリーヴTシャツ)」(4,095円)を用意。

共に日本人の体型に併せたオリジナルパターンを使用し、機能性と素材へのこだわり、そして2トーンのカラー使いなど、アメリカンベースボールをほうふつとさせる、日本限定のコレクションとなっている。

「Imported Items」は、パーカー、トレーナー、そして防寒性の高いジャケットをラインアップ。

MLBプレイヤーに愛される、暖かさと同時に快適な通気性も実現した高機能素材「サーマベース素材」を使用している。

価格は、パーカーが7,245円。

トレーナー6,195円。

ジャケット11,550円。

「Authentic Collection」は、米国ペンシルバニアにあるマジェスティック直営の縫製工場で作られた、Made In U.S.A.のユニフォーム。

MLB選手たちの要望に応えて開発された素材をベースに、随所に伝統的なタックルツイル(チーム、ネーム、ナンバーなどのワッペン)を配している。

価格は、30,450円。

販売は、スーパースポーツゼビオの限定40店舗、マジェスティック・オフィシャルオンラインストアにて(オンラインストアでの取り扱いは2月を予定)。

その他、詳細は同社商品ページで確認できる。