ヤマハ、インドネシアで125ccATコミューター「Xeon RC」を発売

写真拡大

ヤマハ発動機は、125ccの水冷4ストロークエンジンを搭載したインドネシア向けATモデル「Xeon RC」(セオン・アールシー)を、1月中旬より同市場にて発売すると発表した。

製造・販売は、同社グループ会社であるYIMM(PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行う。

Xeon RCは、2010年から導入した現行の「Xeon」(セオン)に、実用域での燃費向上に貢献する同社独自のFIシステム「YMJET-FI」(Yamaha Mixture Jet-Fuel Injection)などの新装備を織り込んで燃費を向上。

また、加速性、走行性などを高め、ボディデザインもよりスポーティで躍動的な外観としている。

カラーリングは、インドネシアのユーザーニーズに応えた「X-TREME SPORT RACING CAR」をコンセプトとし、スポーツカーのようなスピード感や力強さを表現したとのこと。