第2回では「年収400万円・独身」が”老後も逃げ切れる”マネープランの一例見た。焦りを感じた人もいるかもしれないが、ファミリーとは違い、身軽な1人だからこそ、さまざまな策を講じることができる。そのため、老後資金に関しては、なるべく早い段階から(できれば「一生独身かも」とチラリとでも思ったその日から)向き合って、しっかり備えておきたいところ。そこで、独身者の老後資金の計算方法や、準備の仕方を具体的にレクチャーする!

独身者の老後資金は”夫婦世帯の半分”というわけではない

 老後は人生の終盤戦ではあるが、定年してから亡くなるまでの期間が20〜30年という人はザラにいる。それを、年金と貯蓄に頼って生きるわけだが、年金がおぼつかない以上、貯蓄がたくさん必要になるのはいうまでもないことだろう。

 問題は、その金額がどれくらいかという点。世間によく出回っているのは、「老後資金=8000万円」という金額だ。思わずギョッとするような数字だが、これはすべて自己資金で準備すべきお金ではなく、現行の制度のままなら、大部分は年金で補完される(国民年金の場合は除く)。

 だが、この金額は前提として"夫婦2人"の必要資金であるため、独身者にはあまりアテにならない。

 それでは、独身者にとって本当に必要な老後資金とはいくらなのか? ファイナンシャルプランナーの江原さとみさんは、次のように話す。

「独身だからといって、必要なお金が夫婦世帯の半分になるわけではありません。ですから、先の目安の8000万円を半分にし、4000万円あればいい――と考えるのは早計です。実際にはもっとかかる場合も多いでしょう。

 とはいえ、本当に必要な金額は、その人の生活スタイルによっても異なります。現役時代から老後と呼ばれるステージに移動したからといって、その人のスタイルがガラリと大きく変わるわけではありません。よって、生活費は現役時代とさほど変わらずに出ていくと考えられます。

 そのため、"食べる量も、活動する量も減るから老後の生活費は今より減るはず……"という希望的観測は捨て、現在の生活費を元に老後に必要な金額を計算することが、最も現実的といえるのです」

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)