ホンダ、『北米国際自動車ショー』で新型コンパクトSUVコンセプトを発表

写真拡大

本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは、米国ミシガン州デトロイトで開催中の2013年『北米国際自動車ショー』(プレスデー : 2013年1月14日〜15日 / 一般公開 : 1月19日〜27日)にて、新型コンパクトSUVコンセプト「URBAN SUV CONCEPT」を世界初披露したと発表した。

URBAN SUV CONCEPTは、クロスオーバー車の力強さを持ちながら、クーペ車のようなシャープでスポーティーなキャラクターラインを特徴とし、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトを活かした広い室内空間と高い機能性を融合させたというグローバルモデルのコンセプトカー。

走りと燃費を両立させる新世代パワートレイン技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」を搭載したガソリン車、ハイブリッド車、ディーゼル車の3タイプを揃え、グローバルの地域特性に合わせたラインアップを展開する。

同コンセプトカーをベースとした新型コンパクトSUVモデルは、2013年末に日本で発売し、順次グローバルに展開していく予定。

米国では、2014年春に稼働予定のメキシコの新工場で生産を行い、2014年中に発売する予定となっている。