高度成長期に「10万人コーラス運動」が、1974(昭和49)年には伝説の野外ロックフェス「ワンステップフェスティバル」が開催された街、郡山は、2008(平成20)年に「音楽都市」を宣言している。

写真拡大

■ 「生徒会行く人がセッターやれるわけないだろう」

日大東北高3年生の渡辺敦之さん、将来何屋になりたいですか。

「中学校の教員になりたいと思ってます。いま、理系で物理を選択しているので、理科の教員になりたいと思って。物理を選んだときには、まだそんなに将来のこと、考えてたわけじゃなかったんですけど。もともと計算とかが好きで、暗記教科があまり好きじゃなくて。歴史とかは、覚えちゃえば好きですけど、覚えるまでの過程があまり好きじゃないんです」

中学校の教員になりたいと思ったきっかけは。

「父が教員をやっているってことと、中学校の担任の先生です。俺、中学校のころにバレーボール部の部長と生徒会長掛け持ちしてて。1年のときにはセッターだったんですけど、生徒会始めてから、『生徒会行く人がセッターやれるわけないだろう』って言われて。セッターは真ん中で球上げる人なんで、常にいないといけない。生徒会に行かれたら、だれが上げるんだと。そのことで、いろいろ悩みがあって、それを解決してくれたのが担任の先生で。すごい相談に乗ってくれて」

中学校の教員になりたいと思ったのは、いつごろですか。

「中学校のころはまだ漠然としてて、『大学へ行って研究職とかもできたらいいな』とか、いろいろ興味を持っていたんですけど、高校に入って、いざ大学を考えたときに、なりたいなと思ったのが教員でした」

インタビューは2012年の10月末に行われている。渡辺さん、行く大学は決まりましたか。

「まだ決まっていないです。一般試験で受験します。いま行きたいと思ってるのが教育科なんです。理科の先生になるための教育学部に入ろうかと」

ここで渡辺さんからは具体的な大学名を聞いたのだが「かなり背伸びしての受験なんです。(学校名を記事に)書かれたら嫌なんです」との意向を聞き、学校名は書かない。いずれにせよ、渡辺さんはこの1月19〜20日に行われるセンター試験(正式名称「大学入試センター試験」)を受ける予定だ。国公立志望とのことなので、そのあと各大学の試験(主要国公立大学であれば、2月25〜26日に前期試験が行われる)を受けることになる。

高校生たちの親の年代は、大学共通第一次学力試験(通称「共通一次」1979〜1989年)とセンター試験(1990年〜)の移行期が学生時代だ。共通一次世代には、現行のセンター試験制度は少々複雑なので、念のため以下を記しておく。まず、国公立大のほとんどは「センター試験で本学が指定した教科・科目を受験した者」を出願資格者としている。そのうえで、センター試験の使い方が「単独判定」「二次試験の結果を合計」「一部科目を採用+各教科点数を任意の割合で圧縮+二次試験の結果を合計」「第一段階選抜にだけ使い、最終的な合否の判定は二次試験の結果で」など、大学によって異なる。共通一次の時代と大きく異なる点は、多くの私立大学もセンター試験に参加していることだ。2012(平成24)年度は、日本の全私立大597校の86%、513大学が参加している。

結果、現在の高校生の「受験戦略」は、共通一次の時代よりも、行こうとする大学によって細かく異なってくることになる。加えて、親の世代は聞いたこともないような学部・学科名が乱立し、その先には、親の世代が体感していない就職難が待つ。そして、親たちの発想の中にはなかった「新しい職業」がある。高校生たちの話を聞いていて感じることは、今ほど「進学、就職」の親子間での意識のギャップが大きい時代はないということだ。

たとえば25年前に「NGOで働いてみたい」という高校生はいただろうか。次に登場するのは、そう語る高校2年生だ。

■コミュニティ・カレッジの発見

三瓶雄河(さんぺい・ゆうが)さんは、渡辺さんの後輩、日本大学東北高等学校の2年生。将来、何屋になりたいですか?

「海外で働きたいと思っています。教育とか、国連とか、営利を求めない団体とかで働いてみたいです。中学生のときは先生になりたいと思ってたんですけど、だんだんといろんな経験をしていって、最近そういう考え方になったんです。だから、かえってわからなくなったというか(笑)」

海外で働きたいと考えるようになったきっかけは?

「小3から小6まで、父の仕事の関係で台湾に行っていたんです。向こうの日本人学校に通っていました。そういう経験とか、今回『TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム』でアメリカに行った経験とかが、そうさせてるのかなって」

「こういう仕事はしたくない」というのはありますか。

「漠然となんですけど、そういう仕事で働いてる方にはすごい失礼なんですけど……その地域でずっと働いて一生を終わらせるような、地域にずっと密着してるような仕事はしたくないなっていうのはあります」

ということは、三瓶さんが仕事をしているときは福島県境ではなく、国境も越えているわけですね。

「そうですね。どこにいるかわからない。不安? ないです。どこにいるかわからないのは面白さです。それしかないです」

高校を卒業して、いきなり海外に行くという発想はありますか。

「はい。今回のアメリカで覚えました。『TOMODACHI〜』で3週間向こうに行ってみて、『なんか大丈夫だな』みたいな自信が。行くまでまったく知らなかったコミュニティ・カレッジというものを知ることができたってことは、大きいですね」

コミュニティ・カレッジとは、第二次世界大戦後、帰還兵の社会復帰を主目的に合州国で普及した公立2年制大学のことだ。公立ゆえに学費が安い。総合大学3年次編入コースを持つカレッジで留学生活を始め、英語環境に慣れ、3年次に総合大学にチャレンジするという留学コースは珍しくない。300人の高校生を合州国に送った孫正義も、ホーリー・ネームズ・カレッジ(現ホーリー・ネームズ・ユニバーシティ。但しこれは私学)に一旦入学し、2年後にカリフォルニア大学バークレー校3年に編入入学している。

海外、どこへ行ってみたいですか?

「サッカーが好きなんで、純粋にサッカー観たいっていうことなら、ヨーロッパに行きたい。あと、暑いところに行きたいです。究極、何か職業に就かなくてもいいのかな、みたいな。なんか大企業に就職することイコール幸せじゃなくなってるような気がして。なんか最近は気持ちがそんなかんじだったんですよ。だから、ことばは悪いですけど、その場その場で考えるのかなと。たぶんずっと考え続けちゃうのかなと」

三瓶さんの語る将来の話は、漠然としていて、抽象的だと受け取られるかもしれない。だが高校2年生の秋の時点では、明確に進路を決めている高校生のほうが少なだろう。多賀城編で浮かび上がった”「ふつうの高校生」が進路を考える難しさ”を思い出す。こう聞いてみよう。三瓶さん、「将来、何屋になりたいか」は、いつまでに具体的に決めなければいけないと思いますか。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)