生と死と愛がぎっしりで涙なしでは見られない―話題の映画『レ・ミゼラブル』

最近もっとも話題の映画ひとつと言えば『レ・ミゼラブル』ですね。
わたしもさっそく見に行ってきました!

――あらすじ

物語は妹の子どものためにパンひとつを盗んだジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)が19年の牢獄生活から仮釈放されるところから始まります。司教に救われ、仮釈放の用紙を破り捨て新たな人生を始めるジャン・バルジャンと、それを追う警察ジャベール(ラッセル・クロウ)。そして新たな生活でファンティーヌ(アン・ハサウェイ)と出会い、その娘コゼット(アマンダ・セイフライド)を育てることとなります。幸せな人生を送ろうとするたびに追ってくるジャベール、そして学生革命。コゼットは革命のリーダーマリウス(エディ・レッドメイン)と恋に落ちるが……。

原作は1862年にヴィクトル・ユーゴーが書いた小説であり、今回の映画は3時間にわたるミュージカル映画です。
余談ですが、わたしはこの映画の予告編でアン・ハサウェイが熱唱している場面に心を打たれたのですが、アン・ハサウェイは前半少しとラストのクライマックスにしか出てきません!(笑)アン・ハサウェイになりたいわたしとしてはちょっと残念ではあったのですが、ジャン・バルジャン扮するヒュー・ジャックマンがとても素敵だったのでオールオッケーです。

――ここに注目!

●なんといっても音楽!

オープニングの牢獄で働かされるシーンの音楽(囚人の歌)から引きこまれます。他にも『夢やぶれて』など有名曲が目白押しであり、歌ばっかりになると映画も飽き飽きしてしまいがちですが迫力ある歌ばかりでしたので飽きがきませんでした。歌にストーリーとその役柄の心境がしっかりと盛り込まれていましたしね。

●ジャン・バルジャンVSジャベール

この映画のメインはこの二人の終わりなき戦いですね。観客側としては信心深く優しいジャン・バルジャンに感情移入してしまい、「ジャベールこのくそやろー!」と思ってしまいがちですが、このジャベールも実は信心深く正義感が強いのですよね。ただジャン・バルジャンと方向性が違うだけであって。この二人の葛藤と戦いと心理描写がこの映画で一番注目すべきところでありわたしたち観客をもやもやさせてくれるところだと思います。

●学生革命と子役の男の子

後半の学生革命からラストシーンにかけては、生と死と愛がぎっしりで涙なしでは見られませんでした。最後は拍手喝采したくなりました。それはともかく、この学生革命は歴史上では1848年の六月暴動に当たります。映画では良い感じにまとめられてはいるものの成功していないんですよね。そしてこの革命では一番目立っていた男の子が生意気ででしゃばりで正直で胸が痛くなりました。詳しくは劇場で!

●感想

例えば2チャンネルのまとめサイトでは「歌ばっかりじゃん。」「そんなに話題になるほどいいか?」という意見も聞かれます。ミュージカル映画なので歌ばっかりなのは当たり前といえば当たり前なのですが、この映画では特に歌ではない普通の台詞というのが少なかったように思います。ミュージカル映画が苦手な人にとっては、映画自体も三時間と長いので疲れてしまうかもしれません。

実はわたしもミュージカル映画って苦手だと思っていた頃があります。『オペラ座の怪人』や『マンマ・ミーア!』など、突然歌い出されると、「歌ってないで話を進めてよ!」なんて感じていました。しかし同じミュージカル映画でも今回の『レ・ミゼラブル』や他にも『フットルース』や『ハイスクール・ミュージカル』などは大好きなので、結局はミュージカルが嫌いかどうかではなくて、映画の内容の好みの問題なのでしょうね。

好き嫌いは分かれてしまうかもしれませんが、一見の価値ありですので、公開開始からしばらく経ってはいますがまだまだ上映していると思いますので、是非DVDではなく劇場でみることをお勧めします。音楽と映像の迫力がすごいですからね。他にも見所はたくさんあるかと思いますので、お早めに公開終了前にお早めに見にいきましょう。

『レ・ミゼラブル』オフィシャルサイト
http://www.lesmiserables-movie.jp/

(文:ゆきな)

(C) Universal Pictures