もうゴルフ界には十分知れ渡っていたニュースだが、ナイキゴルフは1月14日、ローリー・マキロイ(北アイルランド)との契約を正式に発表した。
ローリー・マキロイのプロフィールなど
 ナイキゴルフ社長のシンディー・デイビス女史は今回の契約について、「ナイキゴルフは動きを作る。マキロイは、ゴルフコース上では素晴らしい興奮を想像してくれる素晴らしいアスリートだが、同時に(コース外でも)どこでもファンとつながっている。彼はナイキアスリートの典型であり、彼がナイキゴルフに加わってくれたことは、ナイキゴルフの歴史にとっても素晴らしいことだ。当社は彼が輝かしい次の段階へ進むためのパートナーになることを期待している」と喜びのコメントを寄せた。
 スポーツ少年だったマキロイは、子供の頃からナイキのファンだったそうで、「自分がナイキを選んだのにはいくつか理由がある。ナイキには共感をおぼえる。ナイキは若い。ナイキはスポーツマンだ。ナイキは革新的だ。自分と同じように、それらのことにナイキはこだわっている。ナイキと契約したことは自分の人生の夢へのもう一つのステップだ。最初で最大に、最高のアスリートと共にナイキと協力出来る。今、ナイキアスリートの一員になれることに本当に興奮している。自分はナイキアスリートとしてのタイガーを見てきたが、これからは自分の歴史を作ることにワクワクしている」と話している。
 マキロイは新たなスタートを、同社の新製品、『VR_Sコバート ツアー ドライバー』で切るつもりだと話しており、「これはちょっと変わっているが自分は気に入っている。これを打った途端、これを使おうと決めた。これは今までのものより飛んだ」とコメント。ドライバーのテストではボールスピードが伸び、キャリーが300ヤードに達したとのこと。なお彼が使用するボールは硬めのツアー用ボール『20XI X』で、ボールについても素晴らしいと評価している。
 マキロイのドライバーのスペックはロフトが9.5度、ポジションはニュートラル、シャフトは全米オープンに勝ったときに使っていたのと同じディアマナだそうで、マキロイは「正直に言って自分はスペックについてそう細かく考えていない。ナイキゴルフは、一緒にゴルフコースで達成するための、本当に自分にとって最高のものと自信を与えてくれた」と話している。なお、マキロイはウェアはナイキゴルフのツアーパフォーマンスコレクション、シューズは新製品のルナコントロールIIを、今週のアブダビHSBC選手権から着用する予定となっている。
(GolfBiz.net WSG Daily Pulse 1/14)
<ゴルフ情報ALBA.Net>